息子から学んだ、貯金出来ない人、借金する人の特徴とは?

 

こんにちは。たかです。

我が家の息子の多重債務が発覚し、てんやわんやになっております。

この先、どうするか?

どうやっていくか?

息子と電話で話しをしておりますが、解決策を出せるのは、もう少し先になりそうです。

このバカ息子と話しをしていて、貯金が出来ない、借金をしてしまう人の、ある傾向を学びましたので、書いてみたいと思います。

ごく、普通のことなんですがね・・・

収支のバランスが分かってない

簡単に言うと、いくら収入があって、いくら支出があるかを理解してないんです。

我が家の息子の場合、収入20万円、支出20万円だったんです。

これだけなら、まだ、なんとか生活できるんですが・・・

その上に、いろんな突発的な支出が発生すると、途端に、借金生活に入るわけです。

突発的な支出と言っても、車検とか税金とか、予測可能なものばかりなんですがね。

それさえも、予測が出来ていないんです。

そして、毎月ギリギリの生活ですから、貯金が出来ていない・・・

なので、突発的なことに対応できないんですね。

であれば、生活費を抑えればいいんですが、それが出来ないんですね。

どこをどうしたらいいのか分からない。

信じられないかもしれませんが、こんな感じなんです。

欲望に勝てない

仮に、何か欲しいものがあっても、お金がなければ買いませんよね。

ですが、借金をする人は、買ってしまいます。

基本的に収支のバランスが分かっていませんので、『何とかなるだろう』と思って、カードで買っちゃうんです。

しかも、リボ払いで。

欲望に勝てないんですね・・・

もし、この世の中に、カードがなければいいんですがね。

そういうわけにもいきません。

こういったことが続きますと、借金がどんどん膨らんでいくんです。

現実を直視せず、『なんとかなるだろう精神』で生きているんです。

なんともならないんですがね・・・実際には。

優しすぎる

優しいっていうと、なんだか、いい人みたいに聞こえますが、別の良い方をすれば、単なるお人よしです。

友人が借金で苦しんでいるのを見て、その肩代わりをしたりするんです。

自分の貯金から出すのならまだしも、自分が借金をして、その友人の借金の肩代わりをするなんて、信じられません。

ですが、こういったことは、よくあることなんだそうです。

弁護士さんが言っていました。

結局、その友人は、どこかに消えてしまって、残ったのは借金のみ。

それでも、自分のやったことに後悔はしてないんですね。

どこまで、おバカさんなんだろうって、思ってしまいます。

お金に強い子どもの育て方

新品価格
¥1,540から
(2019/12/20 10:57時点)

最後に

我が家には、娘もいます。

この娘は、息子とは正反対です。

同じように育てたんですがね・・・

稼いで稼いで、貯めて貯めて、一気に自分の好きなことに使うタイプです。

友人の借金の肩代わりをするようなタイプではありません。

逆に、そんな友人とは、疎遠になろうとするタイプですね。

みなさんのご家庭にも、お子さんがいらっしゃるかもしれません。

お金の教育は、ちゃんとしたほうがいいですね。

ですが、どうやったらいいのかは、僕にはわかりません。

息子で失敗していますから・・・

でも、最低分かっていないといけないのは、収入より支出が多くなると、借金生活になるってことですね。

当たり前のことなんですが、基本的に、ここが分かっていません。

そして、借金生活が、どのくらい辛いのか?

これも分かっていません。

今回、我が家の息子は、1年半、借金返済生活をして、苦しんだようです。

今では、精神的に追い詰められているようです。

ようやく、借金の怖さを理解したようです。

一度は、痛い目に合わないとダメなんですかね・・・こういう人は。

我が家のようにならないよう、気を付けてくださいね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。