『何しているの?』『働かないの?』今、言われたくない言葉です。

 

こんにちは。たかです。

僕は、2019年3月末で会社を早期退職しました。

そして、今は無職生活です。

ある意味、ひきこもり状態なわけです。

退職してから、数か月が経過しましたが、その数か月間でやたらに言われた言葉が、これです。

『会社辞めて毎日何してるの?』

『働かないの?』

『いつから働くの?』

『いつかは、働くんだよね?』

もう、耳にタコが出来るほど、言われました。

その度に、なにか返答しないといけないんですが、ハッキリ言って面倒です。

僕の考え方は理解されない

僕自身は、『人間は、絶対に働かなくてはいけない』なんていう考えは持っていません。

『働いてもいいし、働かなくてもいいし』

これが、僕が考えている事です。

この考え方は、誰にも理解されません・・・

たとえば、『働かないの?』って聞かれれば、僕はこう答えています。

『働かないよ!』って。

そしたら、100%こう返ってきます。

『はぁ?なんで?どうして?』って。

質問してきた人は、まったく、僕の言っていることを理解できていません。

当たり前かもしれませんけど。

ですが、理解してもらうために、これ以上説明するのも、面倒なんですよね。

さらに食い下がってくる質問者

ですが、『そうなんだ~』って感じで引き下がってくれる人は、ほとんどいません。

『分かった!お金がたくさんあるんでしょ!』って、僕の懐具合を探ってくる人さえいます。

みんな不思議なんでしょうね・・・働かないオジサンのことが。

『いや、そんなにお金は無いよ。このままいけば、死んじゃうけど』って言うと、そこからは、お説教みたいになります。

『働いた方がいいって!ボケるし体も鈍るよ!』って。

そんなの、ほっといてほしいですね・・・僕の勝手ですから。

さらには、『世間体も悪くなるし、変な目で見られるようになるよ』って。

もう、大きなお世話状態になっていきます。

実は、この会話は、昨日のことなんですけどね。

8月に飲み会のお誘い

毎年8月に、以前同じ事務所で、一緒に仕事をしていた人たちとの飲み会があります。

かれこれ、5年くらいは続いています。

昨日は、その日程を伝えるために、電話をしてきてくれたんです。

ありがたいことなんですが・・・

もし、8月の飲み会に参加すれば、同じような質問を受ける事は、間違いありません。

『ん~、どうしようかな・・・行こうかな、やめようかなぁ』って、僕の中で決めかねています。

働かない選択肢を否定しないでほしい

今、ひきこもりが問題視されていますが、そんなに問題なんでしょうか?

50代で仕事もせず、親の年金に頼って生きているのであれば、ちょっと問題だと思います。

ですので、何らかの収入を得る手段を持たないといけません。

それは、僕にでも理解できます。

ですが、ある一定の蓄えがあって、親に無心するわけでもなく、好きに生きていることを、なぜ否定するのか?

認めてほしいとは言いませんが、否定しなくてもいいんじゃないか?

僕の考え方って、間違っているんですかね・・・

最後に

最近、だんだんと『働け!働け!』と圧をかけられています。

こうなると、社会と接触したくなくなりますね・・・

ひきこもりになる気持ちも、よく分かります。

やりたくないことを、『やるのが当たり前!』みたいな感じで責められるのは、結構ダメージ受けますね。

『僕って、もしかしたら、ダメ人間に向かっているのか?』なんて、思っちゃいます。

まあ、元々、ダメ人間だったんですが・・・

いろんな人のいろんな考え方を受け入れられない社会は、いろんな弊害が出てくると思います。

ひきこもりの人も、それなりに考えとか思いがあると思うんです。

『こうあるべき!こうするべき!』みたいな考え方は、少し変えていく時なのかもしれません。

何にもしてないのに、偉そうなこと書いてすみません。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。