ゼレンスキー大統領は何を言うのか?アメリカに言ったことは、第三次世界大戦。

 

こんにちは。たかです。

今日、国会でゼレンスキーさんが演説をするそうです。

何を言うんですかね?

事前に、打ち合わせってやるんでしょうか?

もし、打ち合わせやらずに演説やらせたら、とんでもないこと言い出すかも。

そんなことになったら、日本としては困りますよね。

立憲民主の泉さんは、こう言っています。

『他国指導者の国会演説は影響が大きいだけに、オンライン技術論で論ずるのは危険』

『私は日本の国民と国益を守りたい。だから国会演説の前に「首脳会談・共同声明」が絶対条件だ』って。

あるいみ、そのとおりだと思いますね。

だって、ゼレンスキーさんのアメリカで行った演説って、かなりひどいと思います。

戦争に参加しろってこと?

では、ゼレンスキーさんは、アメリカで何を言ったのか?

ある記事によれば、こう書かれています。

◉ロシア官僚の制裁

◉ロシアに進出してる米国企業の撤退

◉ロシア製品の米国内での締め出し

◉戦闘機・武器の供与

◉飛行禁止区域の設定

◉ロシア戦争への参戦

さて、みなさん、どう思いますか?

ゼレンスキーさんは、アメリカも戦争に巻き込もうとしています。

飛行禁止区域にするためには、アメリカの飛行機が飛びまわらないといけません。

そんなことしたら、ロシアに撃ち落されるかもしれませんよね・・・

そうなれば、もはや、第三次世界大戦になってしまいます。

ハッキリ言って、ゼレンスキーさんは、かなり危険な人物かもしれません。

日本も巻き込まれるかも

もし、ゼレンスキーさんが、『北方領土を占領しているロシアを一緒にやっつけましょう!』なんて言われたら、どうしますか?

まあ、日本は、戦争なんてしないと思いますがね。

しかし、もし、ロシアが聞いていたら、どう思うでしょうか?

『念のために、日本にも攻撃しておくか!』ってなるかもしれません。

この戦争に、巻き込まれてしまうかもですね・・・

たしかに、ウクライナの人々は、とってもかわいそうです。

なので、『ゼレンスキーさんの話を聞いてやれ!』っていう意見もあると思います。

しかし、勝手なことを言われたら、非常に危険だと思いますね・・・

まあ、そんなことにならないように、官僚の人が、ゼレンスキーさんと打ち合わせやるんでしょうけどね。

最後に

今回の戦争は、初めに手を出したロシアが悪いのは確かだと思います。

しかし、その背景をよく知らないといけないと思います。

なぜ、プーチンさんは戦争を始めたのか?

でなければ、戦争はなくなりません。

戦争が長引けば長引くほど、武器屋さんは儲かります。

そして、ロシアの経済制裁が長引けば、ロシアの経済はボロボロになります。

そこを狙って、ロシアの企業を買収する人も出てくるでしょうし、株を買い占める人も出てくるでしょう。

そうやって、戦争ビジネスをやっているように思うんです。

いつも、誰かがお金もうけをしている・・・・

その裏で、多くの国民が犠牲になっているんです。

僕は、戦争は自然に起きるのではなく、起こされていると思っています。

戦争をしない為に、何をやらないといけないのか?

日本人全員で、考えないといけませんね・・・

本日も最後までお付き合いありがとうございました。