大暴落が来たときに100万円を投資していたら10年後、どうなったか?

 

こんにちは。たかです。

パウエルさんの講演の後、アメリカの株価は、冴えませんね・・・

このまま、下落していくんでしょうか?

例年だと、9月は、下落しやすい月のようです。

昨年も、9月の第2週あたりから、株価は下落していきました。

なので、今年も、9月5日くらいから、ますます下落していくかもしれません。

さらに、パウエルさんは、『そう簡単には利下げはしない!』と言っていますので、株価が下落しても、放置されるかもです。

すると、もしかしたら、大暴落がやってくるかもしれませんね。

リーマンショックを参考に

リーマンショック時のチャートを見てみると、2007年10月あたりに最高値を付け、2009年3月まで下落をしています。

SP500では、その下げ幅は、約55%くらいでしょうか?

約1年半で、50%以上も下落したことになります。

もし、最高値で、大きなお金を投資していたら、病んでいたかもしれませんね。

しかし、もしも、最安値付近で買うことが出来ていたら、その後は、どうなったんでしょうか?

バックテストポートフォリオを使って、調べてみました。

2009年1月に一括投資

もし仮に、2009年1月に、100万円を一括投資したとします。

この2009年1月は、まだまだ、リーマンショックの大底ではありません。

直近最高値から、約40%ほど下落した地点になります。

なので、ここから、まだ下がっていくんです・・・

ホントにこわいですよね。。。

では、『SP500』、『ナスダック100』、『レバナス』、それぞれに投資していたら、どうなっていたかを書いてみたいと思います。

5年後(2013年末)時点

SP500:100万円 ➡ 207万円

ナスダック100:100万円 ➡ 310万円

レバナス:100万円 ➡ 744万円

10年後(2018年末)時点

SP500:100万円 ➡ 340万円

ナスダック100:100万円 ➡ 574万円

レバナス:100万円 ➡ 2020万円

13年後(2021年)時点

SP500:100万円 ➡ 679万円

ナスダック100:100万円 ➡ 1510万円

レバナス:100万円 ➡ 1億721万円

ん・・・

レバナスって、100万円が、13年後には、1億円になっていたんですね・・・

リーマンショック後のアメリカ株は、絶好調でしたからね。

また、同じような相場になるとは限りません。

しかし、同じような相場になるかもしれません。

そう考えれば、もし仮に暴落がやって来たら、勇気を出して、投資しておいても良いんじゃないでしょうかね。

最後に

僕的には、2022年から2023年にかけて、アメリカの株価は下がっていくと思っています。

でも、どこまで下がるかは、想像できません。

なので、下落したら、少しずつ、買い増しをやっていきたいと思います。

そして、もし、最高値から50%以上の下落になったら、100万円くらい、投資してみたいと思っています。

もしかしたら、10年後、1億円になっているかもしれませんね・・・

そこまで資産が増えたら、どうしようかな?

なんて、想像しているだけもいいかな。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。