奥さんが退職したら、住宅ローンはどうなる?

 

こんにちは。たかです。

今日、こんな記事を見ました。

『29歳貯金580万円。育児休暇中ですが職場復帰が難しく』です。

現在、奥さまは育休中のようなんですが、仕事への復帰が難しいみたい・・・

こういった方って、多いみたいですね。

地域によっては、子供を預かってもらえる施設が少なかったりしますからね。

最悪は、奥さまが仕事を辞めて、子供の面倒をみるしかないかも・・・

でも、もし、共働きを前提に、住宅ローンを組んでしまっていたら、どうなるんでしょうか?

登場するご家庭は?

旦那さん28歳、奥さま29歳、1歳のお子さんがいらっしゃいます。

月の収入は、旦那さんが26万円、ボーナスは年間で、80万円のようです。

もし、奥さまが退職したら、このお金で生活しないといけません。

貯金は、投資も合わせれば、580万円お持ちのようです。

支出は?

一方、支出はこんな感じです。

・住宅ローン:11万円

・食費:3万5000円

・光熱費:1万5000円

・通信費:2万1000円

・趣味娯楽:3万円

・こづかい:6万円

・雑費:1万5000円

・保険料:2万円

合計すると、約30万円くらいになります。

月の収入は26万円ですから、30万円-26万円=4万円の赤字になります。

年間では、4万円×12か月=48万円の赤字です。

これをボーナスで補填したら、80万円ー48万円=32万円が手元に残ります。

ん・・・

生活出来ないことも無いですね。

30年後は?

もし、このまま30年が経過したら、どうなるでしょうか?

年間32万円の貯金が出来ますから、32万円×30年=約1000万円を貯金することが出来ます。

30年後と言えば、旦那さんが、退職する年齢になってきます。

これでは、ちょっと、心細いですね。

ってことは、当然、奥さまが働くしかないわけです。

仮に、月10万円を稼ぐとしたら、どうなるか?

計算してみると、10万円×12か月×30年=3600万円を稼ぐことが出来ます。

このくらいあれば、子供の学費や老後の生活をまかなえるかもですね。

最後に

住宅ローンを組む際は、共働きを前提にするのは、ちょっと危険かもしれません。

特に、お子さんが出来ると、生活が一変します。

今回の記事のように、奥さまが働けなくなる可能性が出てきます。

当然ですが、奥さまとは限りませんがね。

なので、住宅ローンは、夫婦どちらかの収入だけで払えるようにしたほうがいいですね。

でないと、もしも何か不測の事態が起きた時に、支払えなくなりますから・・・

僕も、同じような経験をしたので、書いてみました。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。