退屈症候群ってなに?僕には、無縁の症状のようです・・・

 

こんにちは。たかです。

みなさんは、『退屈症候群』ってご存知ですか?

僕は、先日ネットを見ていて、初めて知りました。

『退屈症候群』って、名前だけ聞くと、うらやましく感じる人もいるかもしれませんね。

だって、毎日毎日、気が狂うほど忙しい人って、多いみたいですから。

さて、この『退屈症候群』とは、どんな症状なんでしょうか?

ちょっとだけ、書いてみたいと思います。

退屈症候群とは?

ネットの記事によれば、こう書かれていました。

『2007年にスイスのビジネスコンサルタントであるPeter Werder氏とPhilippe Rothlin氏が造った用語で、仕事での刺激、挑戦、タスクが欠如している状態のこと』なんだそうです。

要するに、『無気力状態』のことなんですかね。

ある意味、『燃え尽き症候群』に似ているのかもしれません。

この『退屈症候群』になると、疲労感や時間の感覚が無くなるんだそうです。

ん・・・

退屈なのに、疲労感があるのか・・・

よく意味が分かりませんね。

無職の僕は・・・

僕は、2019年の3月に会社を早期退職しました。

その後は、完全な無職生活をしています。

なので、『仕事での刺激、挑戦、タスク』など、ゼロなわけです。

ですが・・・

退屈なんて、感じたことありませんがね・・・

僕としては、こう思うんです。

そんなに刺激が欲しいのか?

そんなに挑戦したいのか?

タスクを求めるのか?

僕は、これらすべて必要ありませんね・・・

解決策は?

この記事には、『退屈症候群』の解決策も書いてありました。

その解決策とは?

①上司に相談する

②その日に達成できる小さな目標を設定する

③長期的な目標を見直す

なんだそうです。

上司に相談するって、どうやって相談するんですかね?

『あの~、僕、毎日退屈なんですけど・・・』って言うのかな?

そんなこと言ったら、『仕事やれ!』って怒鳴られそうです。

あるいは、出来ない量の仕事が降ってくるかもしれませんね。

そうなったら、今度は、過重労働で燃え尽き症候群になりそうです・・・

最後に

どうでもいいことを書いてしまいました・・・

まあ、『退屈症候群』って、僕には無縁の症状のようです。

だって、『退屈だ・・・』なんて、感じたことありませんからね。

どちらかと言えば、『時間が足りない・・・』って感じです。

あっという間に、1日が終わってしまいます。

おそらく、僕の場合、毎日、株の取り引きをしているので、『刺激』はあるのかもしれません。

株価を見ながら、一喜一憂していますからね。

アーリーリタイアしたおっさんの趣味としては、株の売買って、良いのかもしれません。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。