株で儲ける人と損する人の違いは?なるほど・・・今、大事なことかもしれない。

 

こんにちは。たかです。

今日、こんな記事を見ました。

『株で儲ける人と損する人の決定的な違いは?』です。

ちょっと、気になったので、読んでみました。

みなさんは、株で儲ける人と損する人の違いは、何だと思いますか?

資金力でしょうか?

あるいは、情報収集力でしょうか?

それとも、時代を読む力でしょうか?

いいえ・・そんなに難しいことではないんです。

もっと簡単なことです。

でも、案外、難しいことです。

早速、その答えを書いてみます。

株で儲ける人と損する人の違いは?

結論を書きますと・・・

株で儲ける人と損する人の違いは、『忍耐力』なんだそうです。

これは、投資の神様と呼ばれるウォーレン・バフェットさんの言葉なんだそうです。

さらに、こう言っているそうです。

『せっかちな人から忍耐強い人へとカネを移す。株式市場はそんな装置だ』だって。

投資をやっている人は、なんとなく、理解できるんじゃないでしょうかね。

今回の下落相場で、含み損に耐え切れず、売ってしまった人って、いるんじゃないでしょうか?

もしかしたら、忍耐力があれば、狼狽売りをすることなく、次の上昇相場で利益を出すことが出来たかもしれません。

まあ、将来の事は、誰にも分かりませんがね。

しかし、インデックス投資をしているのなら、狼狽売りせず、握りしめておくのが鉄則だと思います。

売らないで!

何度も、このブログの中で書いていますが、インデックス投資をしている人は、どんなに含み損が出ていても、損切りしない方が良いと思います。

S&P500やNASDAQは、いつかは、かならず最高値になると思います。

ってことは、買った株価よりも高くなり、利益を出すことが出来るわけです。

なぜ、そう思うのか?

まず第一に、過去の株価の動きを見れば分かります。

S&P500もNASDAQも、ずっと右肩上がりです。

ですので、今後も、多少の上げ下げはすると思いますが、いつかは、最高値になると思います。

もう一つの理由は、世界の人口は増え続け、経済は発展するということです。

すると、世界のお金の量も、増え続けるわけです。

そのお金は、どこに行くのか?

世界の人々は、銀行に預けっぱなしにしたり、タンスに仕舞い込んだりしません。

ちゃんと、資産運用に回します。

アメリカなどは、老後の資金作りのために、投資をやっているくらいですからね。

今回のコロナの件で、世界中で、お金がバラ撒かれましたよね。

すると、どうなったか?

かなり、株価は上がりましたよね。

そんな感じで、増えたお金の一部は、株式市場に流れ込むわけです。

すると、株価は上がってきます。

株価は、全体としては、どんどん上がっていくようになっていると思うんです。

ですが、衰退していく国や地域に投資をしてはいけません。

どこの事を言っているか、お分かりですよね・・・

最後に

そろそろ、株価も落ち着いてくるんじゃないかと思っています。

というか、落ち着いてほしいです・・・

やはり、株価が下がって行くと、ちょっと、気分が沈んじゃいます・・・

なので、株を買ったら、意識を失った方が良いのかもしれませんね・・・

そうすれば、億万長者になれるかも・・・

本日も最後までお付き合いありがとうございました。