自己破産の意志のない多重債務者に対する弁護士さんの見解は?

 

こんにちは。たかです。

『我が息子の多重債務』について、第2報です。

第1報は、こちらをどうぞ。

別に、楽しんでいるわけじゃありませんよ。

結構、精神的ダメージを受けております。

ですが、もし、僕と同じ状況の方がいらっしゃれば、参考にして頂ければと思い書いております。

まあ、普通、身の回りにこんな人いませんよね・・・

先ほど、知り合いの弁護士さんに、息子に自己破産の意志がないことを伝えてみました。

もう、どうしようもないので、自己破産するしかないんですけどね・・・

そしたら、弁護士さんは、こう言われました。

出来ることは無いですね・・・

息子も21歳です。

もう、成人していますので、子供ではありません。

弁護士さん曰く、『21歳なら、立派な大人です。その大人が意志を固めているのであれば、出来ることはありません』だって。

そして、続けて、こう言われました。

『本人の意思が変わった時に、手伝うことしかできないですかね』って。

そうですよね・・・

まだ、弁護士さんに相談すれば、もしかしたら、自己破産以外の解決策があるかもしれません。

ですが、それも拒んでいますので、どうしようもありません。

息子の家計整理

どうも、息子の話しを聞いていると、無駄な出費が多いように思います。

たとえば、携帯電話です。

格安スマホにすれば、いいんですが、それもやっていません。

高い携帯電話を使っているみたいです。

なんと、車も所有しています。

ですので、駐車場代も払っているんです。

それから、家財道具もありますので、売り払ってしまえば、少しはお金になるかもです。

まあ、本人としては、いろいろと切り詰めているそうなんですが、我が家からすれば、全然できてないですね。

おそらく、借金をする人って、こういった無駄なことが多いんだと思います。

それに加えて、贅沢なことにお金を使うんでしょう。

ケチな家に育ったはずなんですが・・・

娘なんか、メチャクチャ、ケチなんですけどね。

最後に

弁護士さんの言葉に救われました。

『もう、大人ですから、干渉しすぎない方がいい。そっと、見守るしかありませんよ』って。

ホントに、そうですね。

かなり、アドバイスしたんですが、聞く耳もちません。

『お金貸して!』の一点張りですから。

この先どうなるんでしょうかね・・・

こんな内容じゃ、なんの参考にもなりませんかね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。