アーリーリタイアする際の家族の説得方法とは?

 

こんにちは。たかです。

先日、こんなメールをいただきました。

『アーリーリタイアしたいのですが、家族にどう伝えたらいいのか分かりません。反対されるのが目に見えています』って。

『アーリーリタイアしたい!』って思っても、家族の同意って、なかなか得にくいものです。

特に、奥さまは、猛反対しますよね。

我が家の場合も、初めは妻もちょっと抵抗していました。

ですが、ある方法をやることで、なんとかお許しいただけた感じです。

今日は、『どうやって家族にアーリーリタイアを理解してもらうか?』について書いてみたいと思います。

なぜ、家族はアーリーリタイアを反対するのか?

どうして、猛反対するんでしょうか?

その理由は、『経済的不安』があるからです。

たとえば、10億円の貯金があったら、奥さまはアーリーリタイアを反対しますかね?

おそらく、『もう、あんなたの好きにすれば!』って言ってくれるんじゃないでしょうか。

特に奥さまの場合は、経済的不安を取り除いてあげれば、意外と同意してくれると思います。

では、どうやって、経済的不安を払しょくするか?

ライフプランの作成と説明

女性って、将来の人生設計みたいなものは、どちらかと言えば、苦手な方が多いと思います。

ですので、なんとなく、お金の不安を抱いているんです。

その上、旦那さんが仕事を辞めるとなれば、とんでもない話になるわけです。

そこで、ちゃんと、将来の設計図を示して説明すれば、安心するかもしれません。

では、どうやって、ライフプランを作成するか?

時々、質問のメールをもらうんですが、そんなに難しく考えなくていいと思います。

まずは、生活する最低限の生活費を割り出します。

これは、数か月、しっかり家計簿をつけるしかありませんね。

それから、将来、必要になるお金を検討します。

たとえば、子供の学費、家のメンテナンス代、車の買い替えなど、必要となるであろう金額を割り出すわけです。

そうすれば、死ぬまでに、いくらお金があればいいかが分かってきます。

当然ですが、全然、資金が足りない場合は、同意は得られないでしょうね・・・

詳しくは、こちらをご参考にしてください。

十分なリタイア資金があれば、家族も安心して、アーリーリタイアに同意してくれるんじゃないでしょうか?

セミリタイアの方が確率高い

今の仕事を辞めて、完全に無職になるというのは、家族としても同意しにくいと思います。

軽いアルバイトでもいいので、外に働きに出ると、家族も安心するようです。

やはり、1日中、家の中に閉じこもるようになると、家族も心配するみたいですね・・・

僕は、完全に無職の状態なので、初めは妻も心配していました。

ですが、今は仕事をしていた時より元気になったので、逆に心配事が減ったようです。

毎日、ブログを書いたり、調べものしたりしていますので、忙しいんですよね。

正しい家計管理

新品価格
¥1,400から
(2019/11/17 10:07時点)

最後に

いちばん大事なのは、『なぜ、アーリーリタイアをしたいか?』を伝えることでしょうか?

僕は、妻にこう言いました。

『もう、イヤな仕事をして時間を費やしたくない』

『うつ状態みたいになって、暗ーい毎日を過ごしたくない』って。

妻も、僕のうつ状態には気がついていたみたいですので、理解してくれたのかもしれません。

かっこつけずに、正直に家族に話をすれば、最後は理解してくれると思います。

無理して、家族の同意なしにアーリーリタイアすると、冷たい態度を取られかねません。

今度は、それにストレスが溜まったりします。

ですので、ちゃんと説明して、同意をしてもらってから、仕事をやめたほうがいいですよ。

あまり、参考にならなかったですかね・・・すみません。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。