19歳の娘が抱く将来への不安とは?アーリーリタイアを勧めてみた。

 

こんにちは。たかです。

学校も夏休みになり、娘が県外から帰省してきました。

今は、県外の専門学校に通っておりまして、あと1年半で卒業の予定です。

もう、19歳ですので、『あら、大きくなったね~』なんてことは無いんですが、年々女性らしくなっていっています。

うれしいような、かなしいような・・・

小さかった時のあの笑顔は、もう見ることが出来ない・・・

当たり前の話しなんですが。

そんな娘が、先日、こんな事を言っていました。

『あたしの将来って、どうなるんだろう?』って。

ぼーっと生きていると思ったんですが、そうでも無さそうです。

さて、彼女の最大の悩みは?

あたし結婚できるかな?

なんと、結婚願望があるみたいです。

まだ、社会人になってないので、結婚することに憧れているんですかね?

これが、社会人になって、お給料を貰って自分で生活を始めると、『ひとりの方が良い!』ってなるんでしょう。

だって、1人ならば、お金も時間も自由ですし、なんといっても、気楽ですよね。

ですが、我が家の娘は、やはり、ちょっと変わっています。

なぜ、そう思うのかというと、彼女は、こんなことを言っていたからなんです。

『あたし、ずっと年上の人が良いんだよね・・・』だって。

おまえは、おじ専か?

でも、最近、そんな若い女子、増えているみたいですよ・・・

お金はほしい!

そんな変な我が娘ですが、やはり、『お金はほしいから、稼がないとね!』って、僕に当てつけの様に言い放ってきました。

娘も内心、『おやじ、働けよ!』って思っているかもしれません。

娘は将来、専門的な仕事に就くことになります。

仮に、ずっと続けることが出来れば、まあまあのお給料はもらえるみたいです。

今の子はちゃっかりしてて、学校の先輩から、どこに就職したら、どのくらいお給料がもらえるかを情報入手しているんですね。

ちなみに、我が家の娘は、既に就職先が決まっています。

そこのお給料なら、資産運用すれば、アーリーリタイアも可能なんじゃないか・・・

そこで、ぐうたら親父から、娘に提案してみました!


アーリーリタイアしてみたら?

まあ、父親が娘に、『40歳くらいで仕事辞めて、遊んで生きたら?』なんて、言いませんよね。普通は。

でも、僕はあえて、娘にアーリーリタイアの良さをアピールし、実行することを勧めてみました。

アーリーリタイアすれば、時間が自由で、イヤな事はやらなくていい。

朝も、何時に起きてもいいし、お昼寝も出来る。

などなど、僕のアーリーリタイアに対する思いの丈を、彼女にぶつけてみました。

そしたら・・・こんな一言が。

『いや、いいわ、そんな生活。暇すぎて、死んでしまうから。』だって。

もう、これ以上、アーリーリタイアの話をするのは、止めにしました。

でないと、『おやじ、働いたほうが良いよ!』って言われそうでしたので・・・

最後に

まだ、社会に出ていない娘に、アーリーリタイヤを勧めた僕が、バカでした。

これから社会に出て、夢に満ち溢れている時ですからね。

アーリーリタイアなんて、なんの興味もありませんよね。

ですが、数年後、こう言ってくるかもしれません。

『お父さん、どうやったら、仕事辞めて生きていけるかな?』って。

その時は、僕の生き方が、役に立つかもしれませんね。

まあ、そんな日は、来ない方がいいですけど。

つまんないこと書きました。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。