小学3年生の将来なりたい職業は?それは、衝撃的な答えでした・・・

 

こんにちは。たかです。

先々週のお盆の時、僕の姉が家にやってきました。

母の体調も良くないので、顔を見に来たようです。

その時、姉が話していたことを書いてみたいと思います。

僕の姉は、小学校の教師をしています。

現在、小学3年生を受け持っているようです。

先日、小学3年生全員に、『将来なりたい職業』を書かせたそうなんです。

すると姉は、こう聞いてきたんです。

『今の小学生って、何になりたいと思っているか分かる?』って。

ん・・・

僕と妻が出した答えは、『ユーチューバー』だったんですが、みごとにハズレ。

さて、みなさんは、何だと思いますか?

衝撃的すぎる・・・

姉は、こう言うんです。

『あのね、いちばん多かった答えはね・・・』

・・・・

・・・・

・・・・

・・・・

『正社員!』

はぁ??

ほんとに?

なんと、小学3年生が将来なりたい職業は、『正社員』だったそうなんです。

ちょっと、ビックリしました。

そこで、姉は子供たちにこう聞いたそうなんです。

『正社員って、なに?』って。

そしたら、こう返って来たそうです。

親の教育なのか?

多くの子供は、こう答えたそうです。

『お金がたくさんもらえる仕事なんでしょ!』って。

ん・・・

これって、親の教育なんでしょうか?

家の中で、『ちゃんと勉強して、正社員になるのよ!そしたら、お金をたくさんもらえるからね!』って言われているんでしょうか?

今の時代は、『正社員』が夢の職業になっているんですね。

ちょっと、驚いてしまいました。

半数近くは派遣社員

姉曰く、『アタシの受け持ちのクラスは、半数くらいが派遣社員さんだからね・・・』って。

だから、子供には、正社員として働いてほしいと思っているんでしょうか。

今年の7月に『国民生活基礎調査の概況』が発表されています。

それによれば、非正規雇用者の平均所得金額は、約275万円です。

一方、正規雇用者の平均所得金額は、約450万円です。

その差は、約180万円もあるんですね。

月に15万円も違うわけです。

これって、どうなんでしょうか?

規制緩和が行き過ぎた?

そもそも、初期の労働者派遣法は、労働者を保護する傾向が強かったと聞いています。

そのため、正規雇用の社員が派遣社員に置き換えられる可能性が少ない、専門的な仕事に限られていたと思います。

ところが、どんどん規制緩和され、『適用対象業務の原則自由化』になり、今のようになったんだと思います。

僕は、派遣制度が悪いとは思いません。

いろんな働き方が出来るようになりますからね。

でも、あまりにも規制緩和をやりすぎると、こういったデメリットも出てくるんじゃないでしょうか?

おいしい思いをしているのは、大企業ばかりです。

だって、派遣社員さんって、税金対策に使われているみたいですから。

そして、いちばん損をしているのは、派遣で働いている社員さんですよね。

最後に

今回の姉の話を聞いて、『日本って、この30年くらいで、ボロボロになったんだな・・・』って思ってしまいました。

 

この1年くらいの間に、選挙があります。

次の政権は、本気で日本を立て直さないと、このまま沈んでしまうような気がします。

そして、今の子供たちには、夢なんか無いのかも・・・

そんな気がしました。

そうしてしまったのは、僕らの世代かもしれません。

なので、次の選挙は、今まで以上に、真剣に投票したいと思います。

みなさんは、今の日本って、どう思いますか?

本日も最後までお付き合いありがとうございました。