サラリーマンがやってはいけない副業とは・・・株もダメのか?

 

こんにちは。たかです。

サラリーマンの方は、副業ってやってますか?

僕がサラリーマン時代にやっていた副業は『ブログ作成』ですね。

みなさんが、今読んでいただいている、このブログを書いておりました。

副業と言っても、月の収入は数千円くらいでしたがね・・・

かなり調子がいい時でも、月に3万円くらい。

なので、副業とは言えませんかね。

そんな中、こんな記事を見ました。

『【サラリーマン副業】絶対にやってはいけない副業3選』です。

さて、どんな副業をやってはいけないと言っているんでしょうか?

超高難度ビジネス

超高難度ビジネスとは、どういった仕事なのか?

たとえば、『医者や弁護士のような難関資格が必要な士業、ベンチャーやスタートアップの創業が、その典型例』なんだそうです。

ん・・・

医者や弁護士を副業でやりますかね・・・

『僕は、副業で医者をやってます!』なんて人、いますか?

ちょっと、意味不明です。

労働集約型ビジネス

労働集約型ビジネスとは、文字通り、労働力頼みのビジネスのことなんだそうです。

要するに、体を使った働き方ってことなんでしょう。

この中には、『雇われる仕事』も含まれるんだそうです。

では、なぜ、労働力頼みのビジネスがダメなのか?

その理由について、こう言っています。

『頭を使わないので、誰にでもできますが、その代わりに体力をふんだんに使います』

『その時点ですでに、大人の私たちには不適格です』って。

これまた、意味不明ですね・・・

空いた時間を活用して、アルバイトをする事は、お金を得る方法としては、手っ取り早いと思うんですがね・・・

株・FX・仮想通貨

最後に、株・FX・仮想通貨も良くないと言っています。

なぜか?

『商売で儲かる人は通常は売主であって、買主ではありません。買主が儲かる商売なんて、古今東西、どこにも存在したことがありません』

ん・・・

これまた、意味不明ですね。

たしかに、株は買いますので、買主になります。

しかし、値段が上がれば売却しますので、売主になるわけです。

しかも、株の場合、『配当金や分配金』が出ることもありますので、持っているだけでも、お金が増えるわけです。

この人は、株のこと知っているんだろうか・・・

最後に

僕は、株式投資は、サラリーマンのいい副業になると思います。

物販ビジネスは、品物を仕入れて、利益を上乗せして販売するというビジネスです。

株式投資だって、株を仕入れて、利益が出た時に売るというものですよね。

見方を変えれば、株式投資は、物販ビジネスみたいなものです。

しかも、株式投資の場合、販売するために宣伝する必要がありません。

売れ残る心配もありません(損切りすれば、必ず売れますからね)。

メチャクチャ簡単だと思いませんか?

誰にでも出来ます。

そして、最も大事なことは、インデックスを買っておけば、かならず、利益を出すことが出来るってことです。

ただし、時間がかかることはありますけどね・・・

みなさんも、副業でインデックス投資をやってみてはいかがでしょうか?

本日も最後までお付き合いありがとうございました。