消費税ゼロにしたら財源はどうする?企業から取り上げればいいのか!それ大丈夫?

 

こんにちは。たかです。

今日、こんな記事を見ました。

『消費税3年間ゼロ、困窮者に給付金…社民、衆院選の公約原案発表』です。

社民党が、次期衆院選の公約の原案を発表したそうです。

政治家さんたちは、選挙のことで頭がいっぱいなんでしょうね。

まあ、仕方ありません。

落選したら、無職になってしまいますからね。

政治家さんからすれば、選挙は就職活動みたいなものです。

さて今日は、社民党の公約原案について、僕の感想を書いてみたいと思います。

消費税をゼロ!

まず、社民党の公約はこうです。

『コロナ禍からの生活再建のため、消費税率を3年間ゼロ』って。

ん・・・なんで、3年間なんでしょうね?

その根拠を知りたいです。

消費税なんて、消費に対する罰金みたいなものですから、デフレの日本では廃止したほうが良いと思うんですがね。

さらに、こう続きます。

『生活困窮者には緊急に特別給付金10万円を支給する』だって。

なんで、生活困窮者なんだろうか?

日本国民全員に支給したらいいと思うんですがね・・・

ホントにお金に困っている人は、そのお金を使うでしょうし、全然困っていない人も使ってくれるでしょう。

中間層の人は、貯金に回すかもしれませんけど、それでもいいと思います。

だって、いつかは使うんですから。

では、その財源はどうするのか?

消費税をゼロにして、生活困窮者に10万円支給するわけですからね。

企業からむしり取る

社民党は、こう言っています。

『消費税率ゼロの財源は、企業の内部留保に臨時課税して賄う』って。

ん~、そんなことって出来るんですかね?

もしやることが出来ても、1回限りじゃないですかね。

毎年やっていたら、お金を隠すようになるんじゃないでしょうか?

そして、もし、これが出来るのならば、個人の資産にも課税されそうです。

銀行預金や株など、個人の金融資産に課税さるようになるかもです。

そんなことされたら、大変ですよね。

僕としては、国債を発行して賄えばいいと思います。

そして、企業に対しては、従業員に給料を多く払った方が得になるような税制にしたらいいと思います。

具体的には、思いつきませんが・・・

そうすれば、国民にお金が行き渡るようになって、景気が上向くでしょう。

すると、企業の業績も上がり、さらに従業員のお給料も上がる。

そういった循環になればいいんですがね・・・

だれか、頭のいい人が、良いやり方知っていると思うんですが・・・

最後に

自民党の総裁選は、菅さんで決まりですかね。

二階さん、安倍さん、麻生さん、石破さん、小泉さんまで菅さん押しみたいですから。

まあ、こうやってみると、中国とアメリカが、誰が総理大臣になるのを望んでいるかで、すべてが決まっているような気もしますが・・・

要するに、ただ言われた通りに動いてくれる人が、総理に向いているんでしょう。

みなさんは、この先、日本はどうなると思いますか?

もしかしたら、税金は、ドルでも元でも円でも払えるようになるかもですね・・・

本日も最後までお付き合いありがとうございました。