もし転職活動していたらどうなったんだろうか?

 

こんにちは。たかです。

今日、こんな記事を見ました。

『転職活動で「しんどかったこと」1位は? 経験者500人のランキング!』です。

僕は、2019年3月末に会社を早期退職しました。

そして、ずっと無職生活です。

なので、『転職活動』みたいなものは、やっておりません。

はじめっから、やる気ありませんでした。

ですが、もし、僕みたいなポンコツおやじが転職活動をやっていたら、どうなったんでしょうか?

この記事を読みながら、そんなことを考えておりました・・・

転職活動でしんどかったことは?

この記事によれば、転職活動でしんどかったことは、こんな感じのようです。

1位:不採用が続いた

2位:希望に合う求人がなかった

3位:仕事と転職活動の両立

4位:書類の準備

5位:資格やスキルの不足

ん・・・

やっぱり、転職活動って、大変そうですね。

不採用が続けば、自信もなくなります。

僕なんか、面接にも辿り着けないかも・・・

この中で、僕に当てはまるのは、これだと思います。

『資格やスキルの不足』ですね。

26年くらいサラリーマンをやりましたが、これといった特技も資格もありません。

営業一筋でしたが、成績はいまいちでしたからね・・・

僕には、アピールする点がありません。

節約生活のほうがいい

ってことで、もし、僕が転職活動をやっていたら、どうなっていたか?

おそらく、『うつ病』になっていたでしょうね。

ずっと転職先が決まらず、家族からバカにされ、そもそも少なかった自信も失くしていたことでしょう。

そして、辿り着いた先は、うつ・・・

そんなことになるくらいなら、働かずに節約生活をやって、自由に生きている方が良いですね。

最後に

最近、少しづつですが、株で収入を得ることが出来るようになってきました。

しかも、かなりの高確率です。

といっても、まだ、2週間くらいしかやってないんですがね・・・

もし、稼げるようになったら、ブログでやり方を書いてみたいと思います。

雇われで働かずに収入を得る。

僕の永遠のテーマになるかもしれません。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。