長生きリスクのためにやったほうがいいこと。貯金だけではお金は増えない。

 

こんにちは。たかです。

僕は、2019年3月末で会社を早期退職しました。

そして、無職生活を楽しんでおります。

とはいえ、毎月数万円ですが、収入を得ています。

たとえば、ブログ収入だったり、株からの収入などです。

リタイアして、収入がゼロになるって、やはり不安になります。

なので、少しでもいいので、収入を得ることは大事だと思います。

特に、年金生活になった時、年金だけだと、ちょっと不安になりませんか?

日本の年金制度も、どうなるか分かりませんしね。

ってことで、今日は、僕が考えている年金以外の収入について書いてみたいと思います。

基本的には公的年金は必要

みなさんは、仕事を辞めた後、どうやって生活しますか?

働かないわけですから、収入はゼロになりますよね。

多くの方は、『公的年金』をあてにしているんじゃないでしょうか?

僕も、そのひとりで、公的年金がないと生きていけません。

ですが、今後、どんどん受給額は減っていくようです。

現在、年金をもらっている人の平均は、約18~19万円くらいだと思います。

ところが、現在30歳くらいの人が年金をもらう頃には、約5万円くらいは少なくなるみたいです。

ってことは、約13万円くらいになってしまうんですかね。

しかも、ここから社会保障費を引かれますので、手取りは10万円以下になるかもしれません。

これでは、生活出来ませんよね。

では、どうするか?

生命保険を終身で受け取る

生命保険って、加入されていますか?

もしかしたら、その生命保険が、一生お金をくれるかもしれません。

僕は、ある生命保険会社の終身保険に加入しています。

60歳まで保険料を払い込むと、支払いは終わります。

その後、解約すると払い込んだお金が戻って来るんです。

そこで、『年金タイプ』で受け取りをすると、自分が死ぬまで支払いをしてくれるんです。

僕の場合、83歳より長生きすると、払い込んだお金よりも多く戻ってきます。

一度、加入している生命保険を確認してみてはいかがでしょうか?

公的年金と合わせれば、そこそこのお金になるかもしれません。

とはいえ、老後資金を貯めるために生命保険に加入するのは非効率ですから、ご注意ください。

株式投資

現在、僕は積み立て投資をしています。

といっても、日本株ではありません。

アメリカを中心とした外国株です。

特にアメリカ株(S&P500)は、長い間、高い成長を続けています。

ある本によれば、平均すると約年7%で運用されているそうです。

そして、今後も成長が期待されているんです。

仮に、1000万円投資していたとします。

もし、7%で運用されれば、年に70万円の利益を生むわけです。

月にすれば、約6万円弱です。

これだけでは生活できませんが、公的年金と合わせれば、生活費としては十分かもしれません。

なので、若いころからコツコツと積み立て投資をしていれば、将来お金を産んでくれるようになるでしょう。

ってことで、僕はインデックス投資をやっているんです。

最後に

日本の経済成長を見ていると、絶望感しかありません。

先進国で、デフレを20年以上継続しているのは、日本くらいのものです。

そのくらい、今の日本って、おかしいんですね。

でも、次の総理大臣候補の方の経済戦略には、期待できそうにありません。

なので、公的年金など、かなり減ってしまうでしょう。

であるならば、自分で準備するしかありません。

貯金だけしていても、お金はまったく増えません。

では、どうするか?

もう、何かに投資するしかないんですよね。

でも、日本では、そういった教育をしませんので、知らない人が多い。

もし、投資をされていない方は、自分で勉強をして、1日でも早く投資を始めたほうがいいと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。