僕のアーリーリタイア計画が失敗に終わる時。その可能性が・・・

 

こんにちは。たかです。

僕は2019年3月末に会社を早期退職しました。

そして、失業保険をもらい、その後も無職生活を送っております。

今のところ、僕の計画どおりです。

会社を辞める数年前から、ライフプランシートを作成し、お金の使用計画書を作っています。

その計画では、70歳までは貯金を切り崩して生活をする予定です。

それ以降は、公的年金と生命保険の解約金で生活をするつもりでした。

月の生活費は、約15万円くらい。

その他、年金や健康保険料、家の修理代などは、別に計画をしています。

ところが、この計画が大幅に変わってしまうかも・・・

息子への支援

今回のコロナウイルスの影響を受けて、フリーランスとして仕事をしていた息子が無職になっています。

要するに、仕事が無いんです。

今のところは、貯金を切り崩して生活しているようですが、それも、時間の問題でしょう。

来月初めには、実家に戻って来るようです。

おそらく、食費や光熱費を浮かすためだと思います。

もし、このまま、経済が復活しなければ、息子の仕事はありません。

ってことは、ある程度の経済的支援をしなければいけないかもです。

8050問題になる?

最悪、長期間、仕事が見つからなければ、息子は生きていけません。

そうなると、経済的支援ではなく、僕らが息子の生活費を負担することになります。

今、問題になっている8050問題に近い感じです。

我が家の場合、5020問題ってところでしょうか?

息子は、まだ、21歳ですので仕事をする気はありますが、仕事があるかどうか?

そして、その気持ちが、いつまで、継続するだろうか?

もし、このまま、仕事がない状態が続けば、将来に絶望してしまうかもしれません。

そうなるのが、非常に怖いですね。

もしかしたら、引きこもりになるんじゃないか・・・

そんなことを考えたりもします。

それは、僕が、いちばん恐れている状況なんです。

ライフプランは白紙に

仮に、息子の生活費を支援することになれば、僕のライフプランは白紙になります。

だって、計画している月15万円の生活費では、息子を養うことはできません。

そうなれば、僕も働かなくてはいけないかもです。

ん・・・

でも、仕事あるんだろうか?

人生とは、思いどおりにいかないものですね。

働きたくないのに、働きに行かないといけない。

これって、僕にとっては、『アーリーリタイア失敗』ってことです。

ですが、その可能性が、非常に高くなってきたような気がします。

親から始まるひきこもり回復 心理学が導く奇跡を起こす5つのプロセス

新品価格
¥2,000から
(2020/4/27 10:15時点)

最後に

1日でも早く、コロナウイルスが終息してほしいと思います。

そして、経済が出来るだけ早く、活性化することを望んでいます。

そうすれば、息子にも、仕事が舞い込んでくるかもしれません。

それまで、如何に、息子の働くモチベーションを下げないようにするか?

今は、途方に暮れているようですからね・・・

再度、立ち上がる元気だけは、持っておいてほしいものです。

今日も1日、感染拡大させない為にも、家の中でステイしておきたいと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。