なぜ僕は憂鬱なサラリーマン生活を送っていたのか?新元号と共に考えた。

 

こんにちは。たかです。

新元号が決まりましたね。

『令和』だそうです。

『人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ。梅の花のように、日本人が明日への希望を咲かせる国でありますように』との願いも込められているようです。

これからは、世界中で、希望の花が咲くようになればいいですね。

これとは逆に、ついこの前まで、僕は『憂鬱』な毎日を送っていました。

憂鬱ってなんだろう?

調べてみました。

『気持ちがふさいで、晴れないこと』なんだそうです。

ん~、まさにこんな気分でしたね・・・毎日。

なにか、気分が晴れない、スッキリしない。

つらい毎日でした。

では、なんで、憂鬱な気持ちになっていたんだろう?

そんな疑問が浮かびました。

解決策がない・あっても実行できない

憂鬱な気持ちになるには、『要因』が必要です。

今の僕には、この『要因』が無いので、憂鬱になることがありません。

サラリーマンの時はどうだったか?

憂鬱になる要因は、たくさんありました。

会社内の人間関係、仕事の難易度、意味のない仕事、お客さんとのトラブル、などなど、考え始めるとキリがありません。

ですが、なんとか、この『要因』を排除する、あるいは解決できれば、憂鬱になることはないはずなんです。

ところが、そう、うまくはいきません。

多くの場合は、解決策がないことが多いです。

お客さんとのトラブルなんて、避けようがありませんし、会社の人間関係も、どうしようもありません。

あるいは、解決策はあっても、実行することが出来ない。

無駄な仕事があれば、やらなければいいんですが、雇われている身では、そんなことも出来ません。

解決策は分かっていても、実行不可能なわけです。

『自分を悩ます要因は分かっているが、それを回避する対策が無い。』

こうなった時に、人は『憂鬱』になるんじゃないかと思いました。

一つの解決策は『時間』です。

時間が、解決してくれます。

ですが、そんなに気長に待つなんて、出来るわけありません。

解決する前に、自分の心が壊れてしまいます。

憂鬱な毎日は“いますぐ”やめなさい。 [ 岡崎 かつひろ ]

価格:1,512円
(2019/4/1 15:00時点)

もう一つの解決策は『逃げる』こと

憂鬱な毎日を送っていては、人生を損していると思います。

元気に動ける時間なんて、約75年くらいでしょうか?

僕は、いま49歳ですので、あと26年です。

そんなに時間はありません。

もし、定年まで『ガマン』して会社にいたら、あと11年も憂鬱な生活に耐えないといけないわけです。

ん~、絶対無理ですね。

僕は、『逃げ出しました!』

ですが、正解だったと思います。

いま、ホントに苦しんでいる方がいらっしゃれば、『逃げる事』を『悪い事』とは、考えないでほしいんです。

最後に

なんか、会社から逃げることを推奨しているようですが、準備はちゃんとした方が良いです。

働かなくても、いつまで生きれるか?

会社を辞めることに家族は賛成か?

辞めた後に、何をするか?

などなど、もっとあるかもしれませんが。

僕の周りにも、死にそうなくらい辛いのに、会社にしがみついている人がいました。

いろんな事情があると思うので、否定する気はまったくありません。

ですが、『逃げる』という手段を検討出来れば、少しは『楽な生き方』になるんじゃないかと思うんです。

偉そうなこと書いてすみません。

みんなが、明るく・楽しく・優しく・感謝して生きることのできる『令和の時代』になればいいなぁって、思った次第です。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。