なぜ僕はサラリーマンっていう仕事がイヤになったのか?その逆をやればいい

 

こんにちは。たかです。

僕は、今年の3月末で、会社を早期退職します。

いままで、26年間、営業という仕事をやってきました。

僕は、この営業という仕事は、嫌いではありません。

どちらかと言えば、好きな部類かもしれません。

自分が勤めている会社が作った商品を、お客さんに届ける。

そして、その商品の便利さなどを実感してもらって、喜んでいただく。

こんなにうまくいくことは滅多にありませんが、お客さんに喜んで頂いた時は、ホントにうれしいものです。

あ~、営業っておもしろいなぁって実感できます。

でも、僕は、いま勤めている会社を、早期退職をします。

なぜか?

それは、サラリーマンという仕事が、イヤになったからです。

なぜ、サラリーマンがイヤになったのか?

もし、僕の仕事が、『営業をして実績を上げる』だけだったら、きっと、僕は会社を辞めていないと思います。

ですが、サラリーマンっていう仕事は、そんなに単純ではありません。

まず、上司という存在がいます。

この上司の仕事は、『僕の仕事の見張り役』みたいなものです。

『あいつは、仕事しとるんか!何をやっとるんか!』って感じです。

そして、いちいち、口をはさんできては、ダメ出しだけして、僕のやる気を削いでいく。

僕にとっても、会社にとっても、何の役にも立っていません。

いない方がマシだし、売り上げも上がると思います。

だって、上司がいなければ、やる気を削がれることはありませんからね。

『自分がやりたいことを、やらせてもらえない。ダメ出しばっかり』

これが、イヤになった1つの理由です。

まだ、あります。

サラリーマンは、不要な仕事が多すぎます。

事務職の人も、何か仕事を作り出さないと、上司に評価されません。

そこで、いろんな仕事を作り出すわけですが、それをこなさないといけない人が出てきます。

その犠牲になるのが、ほとんど、営業職の人間です。

営業職としては、まったく意味のないと思われる書類や会議など、ほんとに多いです。

最近の『働き方改革』で、少しは業務が減りましたが、まだまだ、無駄だらけです。

この無駄な業務に振り回され、肝心な自分のやりたい仕事は、後回しになっています。

毎日の仕事内容は、『やりたくもない、無駄な仕事』になるわけです。

さらには、いろんなルールを作り出してきます。

それなりに、ルールには意味があるんでしょうが、営業の現場では、邪魔で仕方ありません。

『無駄な仕事に振り回され、ルールに縛られ、自分の好きなことができない』

これが、2つ目の理由でしょうか?

最後に

退職してからは、この逆をやればいいと思っています。

『やりたいことを、気が済むまでやってみる。ルールなんて作らない』です。

好きなように、やっていきたいですね。

でも、反面、お金を稼ぐことは出来ません。

なんとか、生活費くらい、稼げればいいんですが・・・

サラリーマンの唯一いい点は、お給料が保証されている事ですね。

ですが、貧乏になってもいい。

自由に生きることが出来る方を、僕は、選択したいと思います。

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。