会社を辞めたい理由を書いておきたいと思います

 

こんにちは。たかです。

今日現在での、会社を辞めたい理由を、書きておきたいと思います。

なぜ、そんなこと書くのか?

もしかしたら、退職後に、『あ~、会社辞めなきゃよかった!』って思うかもしれません。

その時に、読み返してみたいんです。

『あ~、この時は、こんなことで悩んでたんだ』って、思い返すことが出来るかもしれません。

人間って、つい、現状の不満ばかり、考えてしまいます。

過去のことは、忘れがちですので、『どれだけ、辛かったか。どんな、思いをしながら、生きていたか?』を記しておきたいんです。

そしたら、少しは、『辞めなきゃよかった』って思わないかもしれません。

『一番いい時に辞めることが出来たんだ』って、考え直せるかもしれません。

ネガティブな話ばかりになりますので、不快な気持ちにさせてしまうかもしれませんが、ご容赦ください。

情熱が無い

僕は、ずっと、営業畑です。

約、26年間も、売り上げを上げることに、熱中してきました。

これ自体は、全く、苦でも何でもありませんでした。

逆に、楽しかったですね。

ですが、この数年、この情熱が無くなってきました。

今まで、僕がやってきた営業手法が、出来なくなったからです。

会社も、いろんなルールを作ってきます。

時代の流れに、合わせてるんですね。

その中に、僕の営業手法を妨害するルールが発生します。

今となっては、ほとんど、出来なくなりました。

ですが、昨年まで、隠れてやってました。

結果は、それなりに出ます。

ですが、会社に見つかれば、即、懲戒免職かもしれません。

早期退職目前の僕には、リスクが高すぎますので、今は、全くやってません。

毎日、面白くないですね・・・・売れないんですから。

会社全体、売り上げが減ってます。

当たり前です。

営業手法が、減ってきたわけですから・・・

会社のルールが理解できない

営業手法を妨げられるルールは、知っています。

ですが、納得が出来ません。

お客さんの為、会社の為、などいろんな理由をつけていますが、僕には全く納得できないルールばかりです。

ですので、知らないルールもあるんです。

っていうか、一度は説明されているんですが、納得できてないんで、頭に残っていません。

『そんなルール作って、バッカじゃないの?』って、そのくらいのイメージしか残っていません。

ルール変更に従って、無駄な種類が増えました。

以前であれば、お客さんと、口約束で出来ていたのもが、『契約書』なるものを作らないといけません。

当然、お客さんにも、サインもらったり、印鑑もらったりしないといけないんです。

サインとか、印鑑を押すとか、イヤじゃないですか?

『ああ、分かったよ。』って、簡単にサインしてくれるお客さんなんか、少ないですよ。

いちいち、説明しないといけないし、トラブルの元です。

そして、その『契約書』は、なんの拘束力もありません。

意味ないんです。

無駄な書類に、膨大な時間を費やし、場合によっては、お客さんとトラブルになる。

ほんとに、不思議なことをやってます。

最後に

今日は、この辺にしておきます。

また、辞めたいと思う事象が出てきたら、書いておきたいと思います。

みなさんも、社内の無駄な仕事がイヤになる事、ありませんか?

大事な仕事の邪魔になる。

やらなければいけない仕事が、後回しになる。

サラリーマンって、ほんとに、窮屈だと感じます。

ですが、結局は、僕自身、『会社の変化、世の中の変化』について行けなくなった。

これが、一番の原因だということは、よく分かっています。

最終的には、僕の適応力の無さが、悪いんです。

なので、1日も早く、自分のペース、自分のやりたいことで、仕事が出来るようになりたいと思います。

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。