『なぜを5回繰り返す』をやられてボロボロになった経験がある。

 

こんにちは。たかです。

トヨタと言えば、『なぜを5回繰り返す』という原因究明の方法がよく知られています。

みなさんの職場でも、『なぜを5回繰り返す』ってやっていませんか?

僕が勤めていた会社でも、こんなことやっていました。

ですが・・・

ハッキリ言って、うまくいったことがありません。

その理由が分からなかったんですが、今日、判明しました。

こんな記事を読んだんです。

『トヨタ流を「なんちゃって」でマネをした中小企業の末路』です。

まさに、僕が勤めていた会社のことですね。

さて、僕が勤めていた会社のやり方は、どこが良くなかったんでしょうか?

人を責めずに、しくみを責めろ

なんと素晴らしい言葉でしょうか。

勤めた会社のマネージャーに教えてやりたいくらいです!

どういうことかというと、なんちゃってトヨタ流をやっているところは、『過去(結果)や人柄に焦点を当てる』んだそうです。

一方、本物のトヨタ流は、『未来や事柄に焦点を当てる』みたいです。

ん~、なるほど。

では、僕が勤めていた会社で実際にあった、なぜを5回繰り返した例をかいてみます。

あまりにもバカすぎて、今でも、覚えているくらいです。

最終的には、お前が悪い!

僕の売り上げが悪い時に、上役に呼ばれまして、面談がありました。

イヤでしたね・・・100%怒られるわけですから。

その面談の時に、『なぜを5回繰り返してみるぞ!』って言われたんです。

そして、こんな感じで、一方的に決めつけられました。

売り上げが悪い・・・なぜ悪いのか?

お客さんと面会してないから・・・なぜ面会しないのか?

商談に自信がないから・・・なぜ自信が無いのか?

商品知識が足りないから・・・なぜ知識が足りないのか?

勉強してないから・・・なぜ勉強しないのか?

やる気が無いから

こんな感じで、責め立てられました。

最終的には、『お前のやる気が無いからだろ!!』って、怒鳴られて終わった覚えがあります。

そうじゃないだろう・・・って思いましたが、反論すると面倒なんで、『そうかもですね・・・』って言って帰った覚えがあります。

みなさんの会社では、こんなバカなことやってませんよね。

最後に

この記事の中に、こう書かれています。

『「成果があがらない」「ミスが起きた」といった場面で、結果の質だけを問い詰めると悪循環を招く恐れがあります』

『ミスが起きたとき、個人に対して責任追及するのではなく、本人と周囲が一緒に、組織として何を変えれば同様のミスが減るのかを考える』

僕も、同感ですね。

個人を責めても、何も変わりません。

最後は、『お前のやる気だ!』なんて言われてもね・・・

じゃあ、なんで、僕のやる気が出ないの?

そこには、着目しない会社でした。

実は、その時、上司のパワハラが凄くて、仕事へのやる気がガタ落ちしていたんです。

これが、原因だったんですがね・・・

みなさんの会社でも、同じこと、起こっていませんか?

今日は、ちょっとサラリーマン時代を思い出したので、書いてみました。

やっぱり、あの会社辞めてよかった・・・

本日も最後までお付き合いありがとうございました。

カイゼン魂 トヨタを創った男豊田喜一郎 (Wac bunko) [ 野口均 ]

価格:1,004円
(2019/9/20 09:25時点)