妻がまさかの舌がん?健康であるうちに、自由な時間を手に入れる。

 

こんにちは。たかです。

昨晩、妻と一緒に夕食を取っていた時、こんな事を言い始めたんです。

『あたし、最近、舌に違和感があるんよね・・・なんか、出来てない?』って。

舌をペロッと出して、見せてくれたんですが・・・

たしかに、何かある。

僕は、医者じゃありませんから、それが何者なのかは分かりません。

『ん~、たしかに何か出来てるけど、よく分からんね』って言ったら、妻曰く『あたし、がんかもしれない・・・』って。

まだ、検査も何もしてないのに、急に落ち込んでいました。

妻は続けて、『まだまだ、やりたいことあるし。菅田将暉のライブも行きたいし・・・』だって。

本気で落ち込んでいるのかどうか・・・

検査を勧めたが

とりあえず、検査をすることを勧めたんですが、どこに行けば良いんでしょうね?

ネットで調べたら、歯科か耳鼻科だと書いてありました。

『舌科』なんていう病院ありませんからね。

ところが、今朝、一緒に朝食を取っていると、妻がこんなことを言ってきました。

『んー、なんだか、舌の違和感なくなったね。検査行きたくないから、やっぱり、辞めとく!』だって。

昨日の落ち込みは、なんだったんだろう・・・

でも、心配ですよね。

なので、とりあえず、症状が再度出てきたら、検査するように伝えておきました。

50代になるとがんが増える

『地域がん登録全国合計によるがん罹患データ』によると、50歳から徐々にがんの罹患率は上昇し、60歳を超えると、ぐんと加速度を増していきます。

30代・40代は女性の方が、がんの罹患率は高いんですが、50代以降は、男性の方が高くなっています。

若いうちは、婦人科がんが多いですので、女性の方は気を付けたほうが良いですね。

一方、50歳を超えてくると、男性のがんが増えてきます。

罹患率の上位は、胃がん・肺がん・大腸がん・前立腺がんですね。

ん~、僕の父は肺がんで亡くなりましたし、母親は胃がんで手術をしています。

僕が、がんになる可能性は、かなり高そうですね・・・

楽しまないうちに死ぬかも

国は国民に対して、『70歳まで働け!』と言っていますが、そんなことしてたら、がんになって死んでしまいます。

死なないまでも、がん治療に時間とお金を取られて、好きなことが出来ません。

がんの罹患率を年齢別に見てみると、男性の場合、60歳で人口10万にあたり約1000人、70歳になると、人口10万人あたり約2000人になっています。

こうしてみると、70歳まで仕事なんかしている時間はありません。

出来るだけ早めに仕事を辞めて、自由な時間を手に入れたほうが良いですね。

だって、老後破産する確率より、がんになって死ぬ確率の方が高いかもしれません。

最後に

健康が維持できる若い時に、リタイアするのが良いですね。

60歳や70歳でリタイアしても、その後の健康が気になって仕方ありません。

出来るだけ、若いうちにリタイアをして、自由な時間を自由に過ごし、ある年齢になれば、がんでこの世を去る。

そうすれば、医療費・年金などの社会保障費を、節約することが出来るんじゃないですかね?

元気なうちは、イヤな仕事に時間を取られ、時間が出来たと思ったら、病気に時間を奪われる。

ん~、なんだか、時間の使い方を間違っているような・・・

でも、『仕事が楽しくて仕方がない!』って方は、そのまま、続けたほうが良いですよ。

いつも、誤解されますので書いておきます。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。

【中古】新書 ≪政治・経済・社会≫ 奴隷の時間 自由な時間 お金持ちから時間持ちへ / ひろさちや【中古】afb

価格:230円
(2019/8/23 10:01時点)