義理の両親に会社を辞めたことを伝えてない。自営業という名の無職か?

 

こんにちは。たかです。

僕は、会社を早期退職して、かれこれ、2か月になります。

しかも、現在、無職であります。

自分の母親は、この状況を知っているんですが、義理の両親は、このことを知りません。

まだ、伝えてないんです。

妻も、自分の親ではあるんですが、説明するのが面倒なんで、言ってないみたいなんです。

当然、子供たちにも、口止めしています。

妻の実家がお米を作っているもんですから、定期的にお米を送ってもらっています。

先日、義理のお母さんから、『最近、お米の減り方が早いね!』って電話があったそうなんです。

そりゃそうですよね。

僕が、お米を食べてますので、減りは早くなっています。

妻も、『そろそろ、あんたが会社辞めたこと、言っといたほうがいいかね?』って言い出しました。

まあ、僕はどっちでもいいんですが、とういう風に伝えるか・・・

それが、問題であります。

義理のお母さんは現役

妻のお母さんは、まだ、現役で働いています。

パートなんですが、年齢は、75歳です。

お父さんの方は、70歳まで仕事をしていたみたいですが、今は仕事を辞めて、無職みたいです。

そんな人たちに、『僕、会社を辞めました!』なんて言えません。

『あなた、何考えてんの?働かないで、何してるの?』って、怒られそうです。

まず、『働かないってことに関して、理解を示してくれないだろうな』って思っています。

健康なんだし、若いんだから、働くのは当たり前。

こう、考えているはずです。

世間体が悪いでしょ!

絶対に、これを言われると思います。

『ご近所の人は、あなたがリストラされたって思ってんじゃないの!』って。

義理の両親は、結構、世間体を気にしますからね。

まあ、昔の人は、誰でもそうかもしれませんが。

僕の母親も、最初はそんな事言ってましたからね。

まあ、会社辞めても、何か他の仕事をしていれば、まだマジかもしれません。

自営業ってことにする?

妻からの提案が、これでした。

『自営業ってことにして、自宅で仕事をしていることにすればいいんじゃない?』って。

まあ、『嘘も方便』と言いますので、義理の両親に心配をかけないためには、いい方法かもしれません。

『でも、嘘をつき通す自信がないな』って妻に伝えたら、こう言ってきました。

『ブログで収入あるでしょ!ちょっとだけど』って。

そのとおりなんですが、なんか、バカにされた感じです。

ブログで収入があるのは嘘ではありませんので、これを自営業とすることにしました。

8月に実家に帰る

8月に娘が夏休みに入りますので、妻と娘は実家に帰る予定です。

僕は、福岡に居残りです。

愛犬のお散歩がありますからね・・・っていう言い訳で、妻の実家には帰りません。

義理の両親が、どんな反応を示すか、ドキドキであります。

最後に

やはり、無職というのは、世間的には理解されないですね。

これから先、終身雇用制が無くなり、50歳くらいで会社を辞めることが普通になれば、別ですが。

僕も早く、ちゃんとした(?)自営業者にならないといけませんね。

あと1年は、失業保険をもらわないといけませんので、自営業者にはなれませんが・・・

なんとか、ブログ収入が増えていくように、祈りたいと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。