コロナウイルスのおかげでアーリーリタイア希望者は減るのか?

 

こんにちは。たかです。

コロナウイルスの感染拡大に伴い、みなさんの働き方も変わって来たんじゃないでしょうか?

テレワークになったり、時差出勤になったり。

業務量が減ったという方も、いらっしゃるかもしれませんね。

先日、こんなメールをいただきました。

『テレワークになり、アーリーリタイアするのをやめようかと思っています!』って。

どういうことなのか?

メールをいただいた方に了解をもらっていますので、ちょっとだけ、その理由を書いてみたいと思います。

業務量が減った

全体的に、業務量が減って、身体的にも精神的にも楽になったらしい。

まあ、これが良いことなのか?

それとも、悪い事なのか?

だって、業務量が減ったという事は、暇になったという事です。

会社から見れば、『もっと、社員を減らせる!』ってことにもなります。

そうすれば、人件費を削減出来ますので、万々歳です。

ですので、『減った仕事がどんな内容なのか?』をしっかり見ておく必要がありますよね。

でないと、リストラされるかもしれません・・・

ノルマが無くなった

このご時世ですからね・・・

ノルマを課されても、どうしようもありません。

こんな時に、ノコノコ営業なんかに行ったら、怒るお客さんもいるかもしれません。

もし、僕がお客なら、『こんな時に来なくても・・・』って思っちゃいますけどね。

先日、置きくすりの会社の方が営業に来られたんですが、ちょっと、タイミング悪いんじゃないかと思ってしまいました。

当然ですが、お断りましたがね。

逆に、ノルマを課してくるような会社なら、早めに辞めたほうが良いかもです。

上司の顔を見なくていい

テレワークになれば、事務所に行く必要がありません。

そうなれば、上司の顔を見なくて済みますよね。

これは、非常に精神的に良いことだと思います。

ただ、事務所に上司がいるだけで、気分が悪くなりますから。

そんなこと思っているのは僕だけかな・・・

テレワークならば、上司とのやり取りは、緊急でない限りメールで済みます。

会議と言っても、WEB会議ですから、気楽ですよね。

ずっと、こちらを見られているわけでもありませんし。

働く方が良い!

テレワークになったことで、『このまま働いてもいいかな?』なんて気になったのであれば、働いたほうがいいと思います。

だって、お金の心配をしなくていいですからね。

どんなにアーリーリタイアの準備をやっても、不安はどこかに残っています。

さらに、僕のように、なにか想定外の事が起こるかもしれません。

働いていれば、お金の面では安心です。

これは、精神的に安定しますので、大事なことだと思います。

テレワークで新型コロナショックを乗り切る!

新品価格
¥702から
(2020/4/28 17:17時点)

最後に

コロナウイルスのおかげで、アーリーリタイアをやめる人。

その逆に、アーリーリタイアが早まりそうな人。

あるいは、意に反して、アーリーリタイアになってしまいそうな人。

いろんな人がいるんでしょうね。

コロナウイルスは、働き方を根本から変えてしまう可能性があります。

この先、自分の会社の働き方は、どうなるのか?

よーく観察しておいたほうがいいと思います。

ちなみに、僕が勤めていた会社では、テレワークが進められるそうです。

もしかしたら、事務所が減らされるかもしれないそうです。

そうなれば、支店長や所長といったマネージャー職は、少なくなるでしょう。

ってことは、出世もできなくなるってことです。

結果として、お給料も上がらないってことですよね・・・

さて、みなさんの会社は、この先どうなりそうですか?

僕の場合、コロナのおかげで、いろいろありますが、やっぱり会社を辞めてよかったと思っています。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。