我が家にも1人10万円くれるのか?大喜びの娘に、妻がひと言・・・

 

こんにちは。たかです。

昨日、ちょっと遅めのお昼ご飯を、妻と娘の3人で、テレビを見ながら食べていました。

そしたら、ニュース速報が、流れてきました。

その内容は・・・

『安倍総理 10万円給付の意向固める』って。

すごいですよね・・・

10万円を給付することが、ニュース速報で流れるわけですから。

如何に、これに関して、国民の興味が注がれているかってことなんでしょう。

それを見た娘は、『やったー。バイトが無くなってから、困ってたんよね!』だって。

まあ、娘も、コロナウイルスの影響を、少なからず、受けていたわけです。

ところが、ここで、妻がひと言。

妻はすごい・・・

大喜びしている娘に向かって、こう言い放ちました。

『仕送りから10万円、引いておくから!』だって。

さすがに、娘も、目が点になっていました・・・

『えっ?』

『なんで?』

『あたしだって、国民だよ!』

『あたしに給付されるんだよ!』って。

そしたら、妻は、こう切り返しました。

『あんたは、納税してないやろ』

『だから、このお金は、家計に入れさせてもらいます!』だって。

ん・・・言ってる意味がよく分かりませんが、母は強い!

すると、娘は、こう言いやがったんです!

飛び火してきた・・・

なんとかして、10万円を手に入れたい娘は、こう言ってきたんです。

『だったら、お父さんはどうなるの?』

『税金払ってないよね』

『無職なんだし!』だって。

なんで、僕に飛び火してくるのか・・・

たしかに、無職ですから、税金は払っていません。

でも、ゼロではありません。

そこで、こう反撃しました。

『おれだって、消費税という税金払ってるよ!』って。

間違ったことは言っていません。

すると、娘は、『それだったら、あたしだって払ってるし!』って。

たしかに・・・そのとおりです。

で、最終的に降りた、妻の判決は・・・

やっぱりな・・・

妻は、こう言い切りました。

『分かった!』

『この家で、いちばん税金を払っているのはだれか?』

『それは、あたしです!』

『ってことで、すべての給付金は、あたしが頂くことにします!』だって。

妻は、はじめから、これを狙っていたんだな!

最後に

昼間っから家族で、10万円の争奪戦をやっておりました。

まあ、冗談半分ですけどね。

娘には、アルバイト代が減ってましたので、そのまま10万円をわたすことに。

一方、僕の10万円は・・・

当然ながら、妻の懐に入ることになりました。

とはいえ、生活費に消えていくんですけどね。

ですが、今の調子だと、支給はいつごろになるんでしょうか?

これから補正予算を組みなおしていると、6月くらいになるんじゃないですかね?

これで、間に合うんだろうか?

3月、4月と仕事が減ってしまった人は、1日でも早く給付してほしいんじゃないですかね。

もし、ホントに6月支給になれば、間に合わないかも・・・

ちょっと、心配です。

出来る限り、早めに、実行に移してほしいものです。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。