S&P500は下がらない?これから先の投資方法を書いてみます。

 

こんにちは。たかです。

アメリカの株価って、なかなか下がりませんね。

特に、S&P500はどんどん上昇しています。

そこで、ちょっと気になったことがあるんです。

『S&P500って、どのくらい下がって、どのくらいの期間で上昇して来るのか?』

みなさんは、ご存知ですか?

僕は知りませんでしたので、チャートを見ながら確認してみました。

今日は、その結果を書いてみたいと思います。

S&P500は下がらない?

初めにお断りしておきますが、僕の手作業でやってますので、間違いもあると思います。

なので、その点、ご容赦ください。

では、書いてみたいと思います。

調査した期間は、1990年1月から2021年7月までのチャートです。

まずは、下落幅と、下落回数を書いてみます。

◉10~15%下落:5回

◉15~20%下落:3回

◉20~30%下落:0回

◉30~40%下落:1回(コロナショック)

◉40~50%下落:1回(ITバブル崩壊)

◉50%以上下落:1回(リーマンショック)

なので、この30年間で、10%以上の下落があったのは、11回だけなんですね。

ってことは、株価が下がって来たとしても、10%くらい下がったら、上昇していくってことです。

そして、その下落も、すべて回復しているんです。

どのくらいで回復するのか?

では、次に、どのくらいで元の株価にものどるのか、調べてみました。

すると・・・

◉10~15%下落:2ヶ月~1年

◉15~20%下落:4ヶ月~7か月

◉30~40%下落:6ヶ月

◉40~50%下落:約7年

◉50%以上下落:約6年

こんな感じです。

株価が復活する期間は、さまざまですが、おおよそ1年くらいガマンしていればいいみたいです。

ですが、リーマンショックのような大きな暴落の時は、6~7年くらいは覚悟しないといけないかもですね・・・

最後に

このデータを見て、S&P500に連動するETFを購入しようと考えました。

ある程度の資金を一括投資し、上昇したら売却する。

もし、買った時よりも下落したら、追加で購入する。

だって、ほとんどの場合、10%くらい下がったら復活するわけですからね。

どんどん買い下がり(ナンピン?)をして、株価が復活したら、売却して利益を得る。

しかし、50%くらい下落することもあるわけです。

なので、そのくらいまで買い下がりをする事が出来るよう、予算管理はしておかないといけませんね。

ん・・・

ホントに大丈夫だろうか・・・・

本日も最後までお付き合いありがとうございました。