ワクチン接種を義務化するのか?WHOの言いなりになるだけだろ。

 

こんにちは。たかです。

岸田さんが、変なことを言い出しました。

『感染症危機管理庁』を開設するらしいです。

この『感染症危機管理庁』とは、『有事には、各省庁の職員を指揮下に置き、首相のリーダーシップの下、一元的に感染症対策をおこなうもの』らしい。

なので、今までよりも、権限の強い組織になるんじゃないかと思います。

さらに、岸田さんは、こんなことも言っています。

『国立感染症研究所と国立国際医療研究センターを統合し、アメリカCDC(疾病対策センター)をモデルにした「日本版CDC」も創設する』だって。

なぜ、今、こんなことをするのか?

サル痘が関与?

みなさんもご存じのとおり、世界的には、『サル痘』が感染拡大しているようです。

WHOのテドロス事務局長は、こう言っています。

『サル痘の世界的な流行は異常であり、懸念されるものです』

『今年に入り、サル痘の感染者が疑い例も含めて、39カ国で3000人以上確認された』って。

これって、どうなるんですかね?

また、ワクチン接種をさせるんでしょうか?

あるいは、別のことを義務付けするんでしょうか?

その為に、岸田さんは、こういった組織を作り、強制的に日本人をコントロールしようとしているのかもしれません。

薬やワクチンなど、体内に入れるものに関しては、政府の言うことを鵜呑みには出来ませんね。

データ改ざんやってなかった?

厚労省の発表によれば、コロナワクチン接種者の方が、未接種者よりも、感染者数は少ないと言われています。

しかし、その結果は、恣意的とも思えるデータの取り扱いがされていました。

具体的には、こんな感じです。

Aさんが、コロナに感染しました。

Aさんに、『ワクチン打ちましたか?』と聞くと、『打ちました!』と答えました。

次に、『いつ打ちましたか?』と聞くと、『ん・・・忘れました』と言いました。

みなさんなら、Aさんは、『ワクチン接種者』に分類しますか?

それとも、『未接種者』に分類しますか?

厚労省は、このAさんを、『未接種者』に分類していたんです。

多くの人は、接種日なんて、覚えてませんよね。

なので、当然ながら、未接種者の感染者数が増えるわけです。

普通なら、Aさんのような人は、『接種日不明』に分類するべきですよね。

そして、『ワクチン接種日が不明な人』を除いて計算すると、ワクチン接種者と未接種者の間では、感染者数はほとんど変わりありません。

なので、ワクチンの効果は、疑問なんですね・・・

こんなことをやるような国のことを信用できますか?

最後に

国は、いろいろと国民を騙していると思います。

しかし、生命にかかわるようなことに関しては、正直に言ってほしいものです。

なので、僕は、体内に入れるようなものに関しては、国の言うことには従いません。

特に、『サル痘』に関わるものは・・・

おそらく、日本は、WHOの言いなりになり、ワクチン接種など、どんどん進めていくと思います。

その中には、何が入っているか分かりません。

『安全ですよ!』なんて言われても、信用できませんからね。

日本版CDCなんて、きっと、利権まみれの組織になることでしょう。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。