年収500万円なら子供2人を大学に行かせることできるか?

 

こんにちは。たかです。

今の日本のサラリーマンの年収って、いくらだと思いますか?

2019年の9月に国税庁が行った民間給与実態調査によると、2018年度の日本人の平均年収は約441万円だったそです。

ちなみに、中央値だと、約360万円だったそうです。

ってことは、年収500万円って、平均より少し上になるんですよね。

このくらいのご家庭なら、子供2人って、大学まで行かせてあげられるんでしょうか?

ちょっと、計算してみました。

年収500万円の手取りは?

ザックリですが、年収500万円なら、手取りで約400万円くらいになるんでしょうか。

ってことは、月平均にすれば、約33万円もらえるってことです。

ただし、ボーナスはありません。

この中から、子供の教育費を工面しなければいけません。

当然、住居費や食費、光熱費なども出さないといけませんよね。

そう考えると、『子供2人も育てられるのかな?』なんて思ってしまうかもしれません。

では、子供の教育費って、いくらかかるんでしょうか?

子供の教育費

仮に、幼稚園から高校まで、すべて公立に通ったとします。

文部科学省の『子供の学費調査』を参考に計算してみると、約550万円かかるようです。

ってことは、子供2人ならば、約1100万円は必要になるってことです。

では、大学はどうなんでしょうか?

大学の場合、いろんなケースが考えられます。

国立なのか、私立なのか?

文系なのか、理系なのか?

自宅通学なのか、ひとり暮らしなのか?

それぞれで、必要になる学費は違ってきますよね。

いちばん多く学費がかかるケースは、私立理系の大学に進学し、ひとり暮らしをする場合です。

このケースだと、こんな感じでしょうか?

学費:800万円

仕送り:500万円

トータル:1300万円

逆に、国立文系の大学に進学し、自宅通学ならば、学費だけで済みます。

すると、約500万円あれば大丈夫でしょうね。

まあ、大学の費用としては、子供ひとり当たり、1000万円は覚悟したほうが良いかもしれません。

すると、子供2人では、2000万円ってことになります。

幼稚園から大学まで、子供2人で、1100万円+2000万円=3100万円が必要になるってことです。

学費を貯めるには?

では、手取り33万円の中から、3100万円を貯めることは出来るんでしょうか?

仮に、月10万円ずつ貯金したとすると、年間では120万円です。

3100万円を貯めるには、3100万円÷120万円=約25年かかります。

大学卒業まで22年かかりますので、結婚してすぐに貯金を始めれば、何とか、学費は準備できそうじゃないですかね。

ってことは、月の生活費は、33万円ー10万円=22万円でやらないといけません。

ん・・・住宅ローンを組んだら、ちょっと、厳しいかもしれませんね。

あと老後資金をどうするか・・・

子どもにお金をかけるのは、やめなさい

新品価格
¥822から
(2020/4/1 11:20時点)

最後に

やはり、大学進学が、いちばんのポイントでしょうかね・・・

我が家のように、大学に進学しなければ、約2000万円の学費は必要ありません。

仮に私立大学に進学するにしても、家から通ってくれれば、かなり学費は抑えられます。

仕送りって、かなりの金額になりますからね。

大学進学に関しては、子供とよく相談する必要があるでしょう。

ですが、今は、児童手当が支給されています。

子供ひとり当たり、約200万円にもなりますので、かなり助かるんじゃないですかね。

生活費に使わないよう、注意が必要です。

さらには、幼児無償化で、親の負担もかなり減っている事でしょう。

ちょっと、うらやましいですね・・・

僕らが子育てしてた時は、そんなの無かったしなぁ。

でも、ホントに、子供って、お金がかかります・・・

本日も最後までお付き合いありがとうございました。