女性から叱られた。『働かなくていいんですか?奥さんだけ働かせて!』って。

 

こんにちは。たかです。

女性から、こんなメールをいただきました。

『あなたは、働かなくてもいいと思っているんですか?奥さんだけ働かせて、それでもいいんですか?』って。

49歳にもなって、女性の方からお叱りを受けました。

ちょっと、誤解されているような気がしたので、今回、僕の考えを書いてみたいと思います。

また、叱られるかな・・・

働くって何?

僕は、『雇われる働き方』はしたくないと思っています。

ですので、『働かない』とは言っていません。

もし、『働く』とは、『雇われで仕事をする事』であるならば、僕は『働かない』ってことになります。

でも、『働く』とは、『お金を得ることだ!』となれば、話は違います。

このポンコツブログでも、お金は稼いでいます。

ただし、月の収入は小学生のお小遣い程度なので、生活できるレベルではありません。

1年やっても、普通のサラリーマンの1か月分のお給料にも至りません。

でも、稼いでいますので、働いていることになります。

妻には強制してない

これは、僕の言い分ですが、妻にはアルバイトをすることを強制しているわけじゃありません。

逆に、『アルバイト、辞めたら?』と言っているくらいです。

でも、妻は辞めません。

もしかしたら、僕が仕事を辞めたことで、生活が苦しくなるので、無理してアルバイトをしているかもしれません。

そうであれば、僕は妻に仕事を強制している可能性があります。

女性からすれば理解できない

49歳で仕事もしないで、家の中でブラブラしているおっさんなんか、女性からすると理解できないんでしょう。

『男なら、外で働いて金稼いで、家族を養え!』って感じの考えが、多いんでしょうね。

おそらく、メールをくれた女性も、そんな考えなんだろうと推察します。

分からんでもありませんが、家族を養うのは、男でなければならないという事はありません。

主夫だって、いいんじゃないですかね?

『○○でなければいけない』はいらない

男は、外で働いて稼がなければいけない。

女は、家事をやらなければいけない。

そんな、決めつけたようなことは、もう古いと感じています。

それと同じで、『定年まで働かなくてはいけない』とか、『死ぬまで働き続けるのが当たり前』とか、強制することじゃないと思うんですが・・・

人それぞれ生き方があって、それに合わせて、仕事も遊びも変えればいいと思うんです。

住む場所だって、日本じゃなくてもいいと思います。

狭苦しい考えじゃなく、もっと自由に、もっと楽しく生きていければ、日本人も元気になるような気がします。

「許す」という心をつくるひとつだけの習慣 「いいこと」のみを引き寄せたいあなたに。 (サンエイ新書) [ 植西聰 ]

価格:950円
(2019/9/16 10:34時点)
感想(0件)

最後に

小泉進次郎さんが、育休に関して、こんなこと言ってました。

『「育休を考えてますか、検討してますか」と言われたので、検討していますと答えた。それがこんなに騒ぎになること自体、日本って固いね。古いね。』って。

そのとおりだと、僕も思います。

ちょっとしたことで、日本って、大騒ぎになる。

『ふぅ~ん、そうなんだ』って、人を許容することが出来なくなっているような気がします。

サラリーマンなんか、特にその傾向が強い。

だから、動かない電車を待って、急用もないのに会社に行かないといけない。

日本から、『社畜』っていう言葉が無くなればいいのに・・・

みなさん、窮屈だと感じませんか?

本日も最後までお付き合いありがとうございました。