『定年後も働く!』を前向きに考えてみた。

 

こんにちは。たかです。

福岡は、凄い雨が降っております。

やることもないので、ネットをウロウロしているんですが、とっても魅力的な記事に出会いました。

タイトルは、『「定年後も働き続ける」人生は、天国か地獄か』です。

即答で、『地獄です!』と思ってしまったんですが、今日は、特別に『働くこと』を前向きに考えながら、この記事を読んでみました。

さて、どんな内容だったか?

3つの視点から働くことを考える

この記事では、働くことを、3つの視点から考えています。

1つ目は『時間』、2つ目は『心理的欲求』、そして3つ目は『幸福度』です。

僕の直感では、やはり、働くことは『地獄』のような気がしますが、ひとつずつ見てみたいと思います。

時間

時間は、だれにでも平等に24時間あります。

あとは、使い方次第です。

この記事では、こう書かれています。

『1日の半分を自由時間と仮定し、65歳から90歳までの自由時間を計算してみます』

『そうすると、12時間×365日×(90歳-65歳)=109500時間になります。現役時代の就労時間を超える可能性も高まります。』

『これだけ時間があれば、ボーッと生きているわけにいかないでしょうから、働く時間をつくるのは、むしろ心身ともに健康的でいいのではないでしょうか?』って。

90歳まで、元気に自由時間を過ごせますかね・・・?

母のお見舞いに行ったら、70代の人ばかりです。

ってことは、65歳でリタイアしたら、自由な時間は、5~15年くらいです。

そのくらいの時間だったら、働かずに、ボーっと生きててもいいような気がするんですがね。

心理的欲求

これに関しては、こう書かれています。

『人はどこかに所属し、自分の居場所を持っていたい動物なのだと思います』

『少なくとも働いていれば、どこかに所属していることとなり、人として自然と持つ社会的欲求を満たすことになります』って。

なるほど~。

ですが・・・

居場所があればいいわけではありません。

そこで、『心地よさ』がないと、どうなるんでしょうか?

毎日、『仕事場』という行く場所はある。

でも、上司から叱責される、同僚からいじめられる、仕事がうまくできない。

こんな環境でも、自分の居場所があったほうが良いんですかね?

僕は、変な環境なら、そんな居場所はない方がいいですね。

1人の方が、精神的に安定します。

幸福度

なんだか、一番、難しいことのように感じますが。

幸福度に関しては、こんな感じです。

『幸福度調査では、こんな調査結果もあります。自営の人は、会社員よりも働く時間は長くても、幸福度は高いというものです』

『自営の人は、自分でやりたいことを行なっていると前提を置くと、働くこと自体にやりがいを感じられ、幸福度につながっていると推測できます』と。

ん~、仮に、この前提と推測が当たっているとして、考えてみます。

たしかに、『やりたいこと』や『やりがい』を感じられる仕事であれば、幸福度は上がると思います。

ですが、26年間仕事をやってきて、そんな場面に遭遇したことは、ほんの数回しかありません。

なので、こういった仕事をやっている人は、ホントに、ラッキーだと思います。

はたして、『やりたいことが仕事になっている人』、『やりがいを感じながら仕事をやっている人』って、どのくらいいるんですかね?

しかも、定年後の高齢者に、そんな職場ってあるんでしょうか?

僕が考える働き方

仕事の中で、『やりたいことが出来る』とか『やりがいを感じる』とか、不可能では無いと思います。

ですが、『雇われで働く』のであれば、かなり難しいんじゃないかと思います。

だって、雇われだったら、自分のやりたくないこともやらされます。

あるいは、やりがいなんか、ちっとも感じないような仕事もやらないといけません。

なので、『雇われで働く』場合は、高望みをしてはいけないと思っています。

お金をもらうためにやっているだけ。

その中に、『やりたいこと』とか『やりがい』が見つかったら、ラッキーなんだと思います。

おそらく、その程度だと思います。

じゃあ、どうするか?

僕は、こう考えます。

『雇われない働き方でも、生きていけるようにする!』です。

雇われない働き方なら、自分のやりたいことができます。

そうなれば、やりがいも出てくるでしょう。

ところが、収入は保障されません。

これが、一番の問題ですよね。

たとえば、僕のやりたいことのひとつに、ブログ作成があります。

ですが、僕がブログで生活しようとしても、とても、無理な話です。

でも、ある程度の生活費を確保できていれば、そんな生き方も出来るんじゃないでしょうか?

最後に

僕の考えをまとめてみると、雇われで働くときは、ただひたすら、お金を稼ぐことだけ考える。

やりたい事とかやりがいは、二の次。

あれば、ラッキーな程度。

その間、お金を貯めて、無収入期間の為に備える。

そして、準備が出来た時に、やりたいことを実行する。

この準備が出来た時っていうのが、『定年時なのか?』、『もっと早い時期なのか?』、『定年後なのか?』

人によって、違うんじゃないですかね。

いつまでも、お金の為に働くのではなく、こうやって、自分の為に働けるようになると、幸せを感じるんじゃないでしょうかね?

偉そうなこと言ってすみません。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。

やりたいことがある人は未来食堂に来てください 「始める」「続ける」「伝える」の最適解を導く方法 [ 小林せかい ]

価格:1,620円
(2019/8/27 17:20時点)