仕事は自分で楽しんでやる事。そうなんだけど、それができない。

 

こんにちは。たかです。

昨日、町内の図書館に行って、いろんな本を読んできました。

その中に、『仕事のやり方』みたいな本がありまして、ちょっとだけ興味を持ったので、読んでみました。

今は仕事をしていませんし、これからも、難しい仕事には就かないと思います。

ですが、今までの、僕の仕事に対する考えと、違いがあるのかを知りたくなったので、手に取ってみました。

仕事とは自分で楽しくするもの

内容的には、いろいろ書いてありましたが、要するに『自分で楽しんでやりなさい!』って事が書いてありました。

まあ、今まで、先輩や上司から言われ続けてきたことですね。

ある意味、僕も共感するところです。

他には、特に目新しいことは、ありませんでした・・・ざんねんです。

楽しくできない場合はどうするのか?

仕事を自分で楽しんでやる事が出来れば、こんなに多くの人が、病んだりすることはありません。

僕の場合は、楽しんでやろうとすると、『会社のルール』や『会社の慣例』に邪魔されて、実行できなかったんです。

仮に、会社のルールを無視してやっても良かったんでしょうが、もし、会社にバレたら『懲戒』が待っています。

『ハイ、たかさん、クビね』です。

そこまでして、自分の『流儀』を押し通すことは出来ません。

バカげています。

あるいは、『人間関係』が障壁となって、楽しんで仕事が出来ないって方も、多いと思います。

何かをやろうとしても、上司や同僚が邪魔をしてくる、あるいは、協力が得られない。

『その辺を根回しして、打破するのが仕事だ!』って言われてしまえば、それまでですが、そんな努力って必要なんでしょうかね?

そして、楽しくもない仕事を続けていると、だんだんと精神が病んできます。

僕は、一歩手前で会社を辞めましたので、助かりましたが・・・

放浪ニートが、340億社長になった! 世界90か国で学んだ人生を楽しむ仕事術 [ 中村繁夫 ]

価格:1,543円
(2019/4/11 10:15時点)

つらくなってきたら赤信号

仕事が楽しくないだけなら、まだ、いろんな観点から、楽しいことを探すことが出来ます。

ですが、それを通り越して、『もう、どうやっても仕事が楽しくならない』ってなったら、危険信号じゃないかと感じています。

僕もそうだったんですが、同僚にも同じような人がいました。

最終的には、同僚は病んでしまい、退社してしまいました。

最後に

現代の末端で働いているサラリーマンは、いろんな制約の中で仕事をしていると思います。

たとえば、『働き方改革』です。

『有給は取れ』、『残業はするな』、『仕事は終わらせろ』って、どうすればいいの?

超ホワイトの企業なんかは、休日のパソコンの持ち帰りも規制されているようです。

『休日に、働くな!休め!』って事でしょうが、逆に、時間が足りなくって、平日の業務量が過大になっています。

僕は、『自由に、働きたい時に、働きたいだけ働く。』

これが、一番、効率がよく、気分良く仕事ができるパターンだと思っています。

偉くなった人達は、末端の事は分かっていませんよね・・・

すみません。愚痴ばっかりになってしまいました。

人は、自由に生きることが大切だと、今、しみじみ感じています。

仕事の中でも、『やりたいようにやる!』ってことが出来れば、もっと楽しくなるんだろうけど・・・

僕は、サラリーマンを卒業しましたので、自由にやりたいことをやっていきます。

しかも、自分の自由な時間の中で。

明るく・楽しく・やさしく・感謝しながら。

そして、みなさんにも、楽しいことが、たくさん起きたらいいなと思っています。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。