長く働くには体が健康なだけでは無理だと思う。心も健康にしなければいない

 

こんにちは。たかです。

僕の父は、既に他界しています。

生きていれば86歳くらいですかね。

そんな父も、63歳まで働いていました。

職業はトラック運転手。

流石に、最後の方は体力的につらそうでしたね。

荷物の上げ下ろしは、60歳を超えてくると、大変だったようです。

でも、精神的につらそうなことは、聞いたことがありません。

『腰が痛い、肩が痛い』などは聞いたことありますが、うつ状態になっている姿は見たことがありません。

仕事から帰ってくれば、焼酎のんで、テレビを見ながらワーワー言って、夜9時前には寝ていたような気がします。

もしかしたら、体力的にもっと軽めの仕事だったら、出来たかもしれません。

本人は、まだ、働く気ありましたからね。

僕との違い

僕は、まだ49歳ですので、体力的には元気です。

ですが、精神的には、かなり弱っていました。

だいぶ、持ち直してきましたがね。

ここが、父と僕との違いです。

体力は落ちたけど、精神的に元気だった父。

逆に、体力はあるけど、精神的にダメージのある僕。

どちらが、長く働けるか?

答えは、みなさんもお分かりのとおり、精神的に元気な父の方です。

そこから分かることは、『長く働くには、精神的に健康でなければいけない!』ってことではないでしょうか。

当然、体がボロボロではダメですけどね。

一度でも、精神的にダメージを受けてしまうと、その次に踏み出すことが難しくなります。

『また、次でもダメージを受けるんじゃないか・・・』みたいなことを考えてしまいます。

しかも、打たれ弱くなっていますね。

ちょっとしたことで、ダメになってしまう。

情けないんですが、事実、そうなんです。(これは、僕のことです)

母にも、『あんた、そんなことで、どうするんね!』なんて言われますが、どうにもならないんですよね・・・こればかりは。

働くのは何のため?

総務省統計局の調査では、こんな結果が出ています。

60歳~64歳の男性で、何らかの形で働いている人は、81.1%もいるんだそうです。

働いていない人は、たったの18.9%です。

すごい時代ですね・・・

さらに、65歳~69歳の男性になると57.2%、70歳~74歳でも38.1%の人が、働いているみたいです。

驚くことに、75歳以上でも14.8%の人は、働いているようです。

僕には、信じられません。

なぜ、そんなに働くのか?

やはり、『お金のため』といった答えが多いみたいです。

その他には、『健康のため』、『社会とつながるため』のようです。

ん~、僕からすれば、『お金のため』は理解できます。

もし、生活費が足りないのであれば、働くしかありません。

でも、『貯金をするため』であれば、そんな必要ないんじゃないかと思うんですがね。

中には、年金を貯金する人もいるくらいですから、日本人とは、お金に対する不安が強いんだと思います。

『健康のため』に働くって方は、きっと、精神を病んだことが無いんだと思います。

僕は、『雇われる仕事』は、健康に悪いと思っています。

特に、心の健康には最悪だと思います。

上司や同僚から受けるストレスは、大変なものですからね。

今の僕では、受け止めきれないような気がします。

最後に

僕のブログを読んで、メールをくださる方がいらっしゃいます。

その多くは、精神的に追い込まれて、『仕事を辞めたい!』と言われる人がほとんどです。

僕の経験でしかありませんが、精神的にダメージを受けると、立ち直りが遅いです。

しかも、ガラスのように弱くて不安定です。

ですので、少しでも軽症のうちに、つらい環境から脱出することをお勧めします。

ずっと働ける人は、運よく、体と精神が健康な人だと思うんです。

今後、年金も少なくなりますので、働き続けないといけません。たぶん。

であれば、体の健康も大事ですが、心の健康も大事にしてほしいと思います。

心って、外から見ても、病んでいるかどうか分かりませんからね。

自分しか分からないんです。

無理は、絶対にしてはいけません。

心が元気になれば、また、仕事は始められます。

ちょっと、大げさかもしれませんが、僕の思いを書いてみました。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。

「つらいから、会社やめます」が言えないあなたへ [ 心屋仁之助 ]

価格:1,404円
(2019/9/19 12:39時点)