働き方改革と消費税増税。国民の生活は、苦しくなるばかりなのか?

 

こんにちは。たかです。

先日、大学時代の友人とバッタリ、ショッピングモールで出会いました。

彼は、地元の企業に就職していて、いまだ、サラリーマンとして働いているようです。

偉いです!

彼に『今、何してるの?』って聞かれて、『・・・何もしてない』って答えたら、キョトンとしていました。

当然ですよね。

49歳で、無職でブラブラしている人間なんて、そうそういませんから。

彼の現状も聞いたんですが、『今の日本って、大変なんだなぁ~』って思ってしまいました。

さて、彼は今、どんな生活をしているのか?

働き方改革で減収

今は、日本中で、『働き方改革』が進められていると思います。

僕が勤めていた会社でも、改革が行われていました。

無駄な業務を省いたり、有給休暇取得が進められたり、労働者としては、ありがたいことだと思います。

ですが、良いことばかりではありません。

彼の会社では、残業がほぼ禁止状態になったそうです。

そうなると、一番困るのは、『残業代がなくなる』ことですよね。

なんと、彼は、月に5万円も減収になったそうです・・・

これは、堪えますね。

残業が無くなったとはいえ、仕事量は変わらないそうです。

仕方なく、家に持ち帰って、仕事をしているそうです。

いわゆる、『サービス残業』ですよね。

お金は減るけど、仕事は減らない。

今の日本は、大変みたいです。

蕎麦屋さんが潰れそう

先日、テレビを見ていたら、オフィス街の潰れそうな蕎麦屋さんを取材していました。

その店主曰く『働き改革で、残業が無くなり、給料が減ったので、サラリーマンが外食しなくなった』そうです。

そのあおりを受けて、売り上げもガタ落ちなんだそうです。

きっと、サラリーマンの方々は、お弁当を持ってきて、食べているんでしょうね。

その上、消費税が上がったら、ますます、外食なんかしませんよね。

サラリーマンの手取りが減り、税金が増え、お金が循環しなくなる。

これでは、景気が良くなるわけありません。

安倍さんは、『景気が良くなれば、年金も増えるんです!』って言っていましたが、現状では、絶望的ですね。

年金が増えるなんて、夢のまた夢です。

生活は苦しくなる

消費税が上がるだけでも、生活は苦しくなります。

この先、生活レベルを落とさなかったら、少なくとも、2%は支出が増えるわけです。

物の値段も上がってきていますから、2%どころでは済まないでしょう。

これからは、『如何に生活レベルを下げることが出来るか?』に尽きます。

我が家は、この夏から『クーラーは28℃に設定』としました。

それでも暑い時は、扇風機の併用です。

正直、どのくらい節約になるか分かりませんが・・・

最後に

この先、日本は、どうなるんでしょうね?

2025年には、団塊の世代が後期高齢者になる。

医療や介護に、お金がどんどん必要になってきます。

反面、若い世代の人口は少なく、経済的にも苦しいので、子供を産むことも出来ません。

さらに、人口が減っていくことでしょう。

子供たちには、こう言っています。

『外国で生活することも、検討したほうが良い』って。

日本を諦めるわけじゃありませんが、今のままでは、外国に逃げていく若者が増えるかもしれませんね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。