働き方改革で家を手放す人が出ているらしい。時間は増えてもお金は無くなる。

 

こんにちは。たかです。

『働き方改革』という名の、賃金カットが行われていますね。

こんな言い方すると、悪意がありますが・・・

僕は、営業職だったので、何時間働いても残業代は出ませんでした。

ですので、早く仕事をやめて家に帰っても、なんの影響もありませんでした。

ところが、残業代が生活費に直結している方もいるんですね。

大和総研の試算では、働き方改革によって、残業代が国全体で年間8.5兆円も減るんだそうです。

あまりピンときませんが、これは年間で日本人が受け取る給与総額263兆円の約3%に匹敵するそうです。

簡単に言えば、『3%ほどお給料が減りますよ!』ってことでしょうか?

仕事量は変わったか?

おそらく、仕事量に関しては、そんなに変わってないんじゃないでしょうか?

まあ、会社側も、若干むだな仕事は削減したでしょうが。

それよりも、大きく変わったのは、『仕事をやっている場所』じゃないでしょうか?

要するに、仕事を会社でやるんじゃなくて、家でやる。あるいは、カフェとかファミレスとかでやる。

僕は、既に仕事を辞めてしまっていますが、ファミレスで遅い時間に仕事をしている方を見かけます。(僕も行っているってことか?)

普通なら会社でやる仕事を、会社で出来ないもんだから、持ち帰っているんでしょうね・・・

お給料が減った影響は?

僕みたいに、最初から残業代が出ないような仕事なら影響ないでしょうが、事務所内での仕事をされているような方は、影響大でしょう。

極端な例ですが、こんな方もいらっしゃるみたいです。

『働き方改革を見据えた残業規制で、年収が300万円も減ってしまった』そうです。

残業代で300万円って、月になおせば、約25万円です。

ちょっと、もらいすぎですよね・・・

さらには、こう言われています。

『残業代やボーナスで払えるだろうと思い、ちょっと背伸びをして、月の返済額が20万円近い住宅ローンを組んでいました。でも、こんなにも減らされたら、ひとたまりもありません。数か月返済を滞納していましたが、銀行から督促状が届き、ついに今年初め、家を手放しました』だって。

家は無くなり、おそらく、手元に残ったのは、借金だけでしょう。

働き改革って、恐ろしいですね。

最後に

働き方改革で、国民の所得は、激下がりになっているかもしれません。

中には、完全に残業をやめて、夜の時間を自由に使っている方もいるでしょう。

ってことは、今まで使わなかったお金が出て行っている可能性があります。

たとえば、仕事帰りに、英会話教室に行くとか、ジムに通うとか、あるいは、居酒屋に行ってしまうような人もいるでしょう。

ある意味、余計な出費が発生しているような気がします。

国って、『老後2000万円必要ですよ!自分で準備してね!』って言っている反面、お給料は減らすし、お金を使わせようとする・・・

案外、会社を辞めて、家で好きなことして生活している方が、お金が貯まるかもしれませんね。

無駄な出費はしませんし、小銭くらいなら稼げるでしょう。

いかにお金を使わず、楽しい時間を過ごすか?

これが、退職者の知恵の出し所ですね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。