働き方改革を勉強してみた。なんか僕のこれからの生き方に近いような・・

 

こんにちは。たかです。

今日は、気分も沈んでいたので、図書館で本を読んで、勉強?してみました。

勉強のテーマは?

『働き方改革』です。

今、このテーマに関する本って、かなりありますね。

どれを読んだらいいか、迷ってしまいました。

その中で、ちょっと変わったタイトルの本があったので、それを手にしてみました。

では、『働き方改革』とは?

まず、ネガティブな仕事をやめる

『ネガティブな仕事ってなに?』って思いました。

簡単です。

社員がやりたくない仕事です。

ですが、会社のビジョンを達成する為に必要な仕事を、止めるのはいけません。

たとえば、営業マンが、お客さんと面会しないとか・・・

まあ、ありえませんよね。

一番、大事な仕事をやってないわけですから。

営業がネガティブならば、部署を変わったほうが良いです。

社員が、やりたくない仕事って、だいたい、『必要のない事』が多いと書かれていました。

僕も、同感です。

『必要がない』と感じているから、やりたくないんですね。

『これは、必要だ。重要だ。』って思えば、やる気も出るんじゃないでしょうか?

では、具体的にどうするか?

こんな事も、書いてありました。

たとえば、ある仕事をやっているとします。

その仕事を、こう考えるんだそうです。

『もし、この仕事をしなかったら、どうなるだろう?』って。

その仕事を止めることで、会社のビジョンを達成できないのであれば、継続してやるべき。

止めても、何も変化しないのであれば、その仕事は、止めてもいいんじゃないか?

こういった、考え方のようです。

やり方としては、簡単な選別方だな、って思いました。

1つ、1つの仕事を、この方法で考えてみると、意外とやらなくてもいい仕事って、たくさんありそうな気がします。

昔からやっている仕事は、意外と当てはまると思いますね。

止めるだけじゃダメ

今日読んだ本の中に、『不要な仕事を止めるのは重要だが、止めるだけではダメ。新たに必要なことを始めないと、意味が無い。』って。

こうも書かれていました。

『無駄な仕事を止めて、その時間に、必要な事を始める。』

ただし、『やらされ感でやってはいけない。』と

ん~、難しいですね。

何かを始めようとすると、『やらされ感』が出てしまいます。

『やりたくないけど、やらないといけないんだろうな・・・』みたいな。

具体的はどうする?

仕掛けをするんだそうです。

決して、全員参加じゃなくてもいい事を始める。

たとえば、『社内居酒屋』

ミーティングスペースを、夜は居酒屋にしてしまう。

社内で飲みに誘うって、今どき、ちょっと躊躇しますよね。

なので、気軽に集まれるような、空間を作ってみる。

お酒が飲めない人でも、10分くらいは、付き合うことが出来そうです。

そうすれば、あまり、話したことない人とも、会話が生まれるかもしれません。

でも、泥酔するまで、飲んではいけませんよね。

面白い企画かな?って思いました。

まあ、カフェでもいいと思うんですがね。

最後に

やりたくないことはしない。

これって、これから、僕がやっていこうとしていることに近いです。

『ふと、やってみたいことをやる』

自分が、『やったほうが良い。やってみたい。』って思う事って、力が入りますよね。

逆の事は、止めてしまう。

『働き方改革』を勉強しに行ったんですが、なんか、自分の生き方にも、参考になりました。

さあ、会社を辞めてから、何をしようかな?

そんな気分で、図書館を後にしました。

ちょっとだけ、元気になったかな?

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。

【中古】 働く人改革 イヤイヤが減って、職場が輝く!ほんとうの「働き方改革」 できるビジネス/沢渡あまね(著者) 【中古】afb

価格:1,042円
(2018/11/18 19:37時点)