家計簿って、ある程度、細かくしないと分からない。事業費は家計から出すのか?

 

こんにちは。たかです。

僕は2019年3月末で会社を早期退職しました。

その準備として、ライフプランシートを作成しました。

その時、かならず必要になるのが、『家計簿』です。

現在、いくら生活費がかかっているのかを確認しないといけません。

ところが、我が家の家計簿は、かなり適当でした。

『家計簿は細かくつけなくてもいい!』って方もいらっしゃいますが、あまりにも大雑把だと、役に立ちません。

今日、こんな記事を目にしました。

『38歳子ども3人、貯金15万円。国民年金は免除申請中で、老後も心配』です。

このご家庭の家計簿を見ながら、どうしたらいいのかを考えてみました。

登場するご家庭は?

旦那さん41歳、奥さま38歳、12歳・2歳・0歳のお子さんがいらっしゃいます。

旦那さんは自営業をされています。

なので、月の収入はサラリーマンのように、一定ではありません。

収入が少ない月は、ギリギリか赤字になっているようです。

では、このご家庭の家計簿を書いてみたいと思います。

どんな家計簿なのか?

《収入》

・旦那さん:30万円~50万円

・奥さま:5万円~6万円

・合計:35万円~56万円(プラス児童手当4万円)

《支出》

・家賃:7万5000円

・車両費:9000円

・食費:6万5000円

・光熱費:3万円

・通信費:2万7800円

・教育費:5000円

・こづかい:5万円

・雑費:21万円

・保険料:3000円

合計すると、約47万5000円です。

ん・・・収入が少ない時は、かなり、赤字じゃないのかな?

この中で、ちょっと、違和感があるのが、『雑費』ですね・・・

月に21万円って、何に使っているのか?

少し、大雑把すぎるような気がするんですが・・・

雑費の中身は?

さて、この雑費の中身ですが、こんな感じです。

・日用品:1万5000円

・ペット費:1万円

・夫(事業費・こづかい):15万円

・固定電話:5000円

・ペット保険:3300円

・カード返済:5000円

・小学校集金:5000円

・保育料:5000円

・子供の積み立て:9000円

よーく見てみると、ペット関連で、月に1万3300円かかっています。

これは、『ペット費』として別に項目を作ったほうがいいですね。

次に、固定電話は、通信費になるでしょう。

それから、小学校の集金、保育料は、『教育費』じゃないですかね?

そして、子供の積み立ては支出じゃないですから、『積み立て』として別に項目を作ったほうがいいと思います。

最後に、旦那さんにかかっているお金です。

事業費は、家計の中から出すものなんでしょうか?

利益の中から事業費を引いたものが、収入になるんじゃないですかね?

なので、15万円がすべて事業費だとすれば、収入は、15万円~35万円ってことになります。

家計簿を書き直してみると・・・

《収入》

・旦那さん:15万円~35万円

・奥さま:5万円~6万円

・合計:20万円~41万円(プラス児童手当4万円)

《支出》

・家賃:7万5000円

・車両費:9000円

・食費:6万5000円

・光熱費:3万円

・通信費:3万2800円

・教育費:15000円

・こづかい:5万円

・雑費:2万円

・保険料:3000円

・ペット費:1万3300円

・積み立て:9000円

合計すると、月の生活費は、約32万円になります。

こんな感じにすると、分かりやすくなりませんかね?

月の収入は、少ない時で20万円ですから、月に20万円で生活しなければ、赤字になるわけです。

もし、収入が多い時は、貯金にまわせば良いだけですからね。

どうするか?

なかなか20万円に抑えるのは、難しいかもしれませんね・・・

あと12万円も生活費をカットしないといけませんから。

食費、光熱費、通信費、こづかいを減らすしかないでしょう。

それでも、12万円は無理かな・・・

ペットも飼いたいかもしれませんが、そんな余裕はないかもですね。

あとは、収入を増やすしかありません。

正しい家計管理

新品価格
¥1,378から
(2020/4/5 11:05時点)

最後に

家計簿をごちゃごちゃにつけていると、あまり役に立ちません。

ごちゃごちゃにつけていると、どこをどれだけ節約すればいいか、分からないんですね。

特に、『雑費』が21万円なんかになると、どうしていいのか分かりません。

なので、『雑費』ではなく、どこかに振り分ける必要性があるんです。

そうすれば、何にお金を使っているかが分かるようになります。

『雑費』とか『その他』とか、抽象的な項目は、出来るだけ作らない方が良いですよ。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。