子供にお金をかけすぎる必要はない。子供がやりたいことだけやればいい。

 

こんにちは。たかです。

みなさんのご家庭では、どのくらい、教育費ってかかっていますか?

当然、通っている学校によって、かなり違いが出てくると思います。

我が家の場合、長男は小学校から高校まで、すべて公立でしたので、あまり学費はかかりませんでした。

一方、長女は、小学校は公立だったんですが、中学・高校と私立に通いました。

僕としては、公立に行ってほしかったんですがね・・・

さて、今日もネットの記事を見ていたら、こんなのを見つけました。

『36歳、子ども2人。老後資金2000万円は貯められない』です。

若い人も、老後資金について関心が高くなってきているんですかね。

この記事の中で、『えっ?』って思うところがありましたので、書いてみたいと思います。

毎月5万円の赤字

この記事に登場するご家庭は、旦那さんも、奥さんも36歳で、お子さんが2人いらっしゃいます。

まだ、8歳と5歳です。

住宅ローンを3,600万円ほどかかえています。

月の支払いは、9万5,000円です。

まだまだ、先は長いですね。

光熱費は月に6万円の支払いなので、ちょっと高いですかね。

もう少し、削減出来そうです。

それよりも驚いたのは、『教育費』です。

まだ、8歳と5歳ですから、そんなにかかるはずありません。

ところが、なんと、月に教育費が、8万2,000円です。

これでは、毎月5万円の赤字が出ても、おかしくありません。

なんで、こんなに教育費がかかるのか?

習い事がおおすぎないか?

下のお子さんが、まだ5歳ですので、保育園に通っているようです。

高いですよね・・・保育園って。

このご家庭でも、3万2,000円支払っています。

まあ、ここまでは、一般的な支出かと思います。

では、残りの5万円は、何にかかっているのか?

それは、『習い事』です。

なんと、7種類の習い事をしているようです。

内訳は、『そろばん』、『習字』、『絵画教室』、『英会話』、『通信教育』、『スイミング』、『学習塾』です。

これだけ通わせていれば、そりゃあ、お金もかかるでしょう。

しかも、子供は遊ぶ時間もないですよね・・・

喜んでいるんだろうか?

他人の教育に関して文句言うわけじゃないんですが、『子供は喜んでいるんだろうか?』って感じます。

親に言われて、イヤイヤやっているのであれば、辞めたほうが良いです。

子供がやりたいと思わない限り、才能も開花しませんし、お金の無駄だと思いますね。

中には、親に無理やりさせられたことで、才能が開花した人もいますが、そんなのは、ごく一部の稀な話です。

お金は貯まらない、子供はイヤイヤやっている。

これでは、なんのためにやっているか分かりませんよね。


最後に

我が家は、子供たちがやりたいと言ったことしか、やらせていません。

当然ですが、一番初めは、無理やり連れていきます。

そして、1回だけ、無理やりやらせます。

その結果、イヤだったら、それ以上行かせませんし、好きだったら、続ければいい。

なので、なんでも連れていきました。

空手・スケート・水泳・野球・ソフトボール・バレー・習字・そろばん・くもん、などなど。

最終的には、長男はソフトボール、長女はバレーをやりましたね。

人間って、やっぱり、楽しいことしか、長続きしません。

努力とか苦労とか、後付けでかっこいいこと言いますが、結局は、その時に楽しいと思うかどうかだと思います。

子育って、親は一生懸命になるんですが、そんなに力まないでも、子供は大きくなります。

もっと、気楽に、子供の好きなことに、時間とお金を割いてあげてほしいですね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。

(126)好きなことだけで生きていく。 (ポプラ新書 126) [ 堀江 貴文 ]

価格:864円
(2019/8/10 10:59時点)
感想(2件)