50歳からでも投資はやった方が良い。80歳からお金がかかるかも・・・

 

こんにちは。たかです。

先日、ある記事を見ていたら、ライフプランナーの方に、こんな質問をされている方がいらっしゃいました。

『50歳からでも資産運用はした方が良いんでしょうか?』って。

この方は、65歳まで働くつもりなので、資産運用は必要ないと思いつつも、不安だったので相談したそうです。

さて、みなさんなら、どう答えますか?

僕だったら、『資産運用はした方が良い!』と答えると思います。

今日は、その根拠について書いてみたいと思います。

80歳からお金がかかる

僕の母親は、現在、85歳です。

まだ、元気なので、家の中で生活しています。

しかし、いつどうなるか分かりません。

家族で介護できなくなれば、施設に入ってもらうしかありません。

まあ、空きがあればの話ですがね・・・

では、介護施設の費用って、どのくらいかかるんでしょうか?

ピンキリだと思いますが、月30万円くらいは、覚悟しておいた方が良いかもしれませんね。

そうなると、年間では、30万円×12か月=360万円が必要になります。

もし仮に、10年生きたとしたら、360万円×10年=3600万円が必要になるわけです。

そんなお金、年金だけじゃ無理ですしね・・・

なので、案外、80歳を過ぎてからの方が、お金がかかるかもしれません。

もし、手元にお金がなければ、家族に迷惑をかけることになります。

ってことは、50歳からでも資産運用をして、お金を増やしておいたほうがいいと思うんです。

50歳から80歳まで資産運用したとしても、約30年間という時間があります。

この時間を有意義に使った方が良いですね。

年利7%だったら?

アメリカのS&P500に連動するETFなら、年利7%くらいで運用されています。

これに、500万円を30年間投資したら、どうなるでしょうか?

元金500万円に対し、30年後には、約4000万円になっています。

なので、とりあえず、50歳になったら、500万円をS&P500に投資しておけばいいんじゃないですかね。

そうすれば、介護費用は、まかなえると思います。

50歳からでも、遅くはない。

僕は、そう思っています。

最後に

我が家の場合、僕の母親、妻の両親が、まだまだ元気に生活しています。

しかし、それも、いつまで続くか分かりません。

もし、3人とも介護施設に入るようなことになったら、どうしたらいいんだろうか?

3人とも、公的年金額は少ないし、貯金もほとんどない・・・

ってことは、子供である僕たちが、負担しないといけないんだろうか?

でも、無職の僕には、そんな余裕はない。

自分の生活費だけでも、大変なのに・・・

最近、そんなことを、ふと思ってしまいます。

少なくとも、自分の子供たちに、同じような不安な思いはさせたくないですね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。