ライフプランは早めに立てた方がいい。今の50代は手遅れの人が多いかも。

 

こんにちは。たかです。

『老後2000万円』問題って、最近、話題にならなくなりましたね。

なんだか、忘れ去られようとしている感じです。

今日、こんな記事を目にしました。

『金融資産が多いほど老後準備も万端という現実』です。

タイトルを見る限り、当たり前のような気もします。

経済的面から見れば、『金融資産が多い=老後の準備は万端』ですからね。

さて、どんな内容だったか?

ご紹介したいと思います。

老後破産を心配していますか?

みなさんは、老後破産を心配していますか?

若い方は、ピンとこないですよね。

この記事の中に、明治安田総合研究所が行った『財産管理に関する実態調査結果』が書かれています。

その中に、こんな質問があります。

『自分の世帯が、老後破産することを、どの程度心配しているか?』です。

ここで言う老後破産とは、『存命中に生活資金を使い果たしてしまうこと』のようです。

さて、どのくらいの人が心配していると思いますか?

『心配している』と回答した割合は、男性は60代前半46.8%、女性は50代後半49.2%で最も高かったそうです。

多くの方は、定年してから、心配し始めたってことですかね。

生涯の資金計画はあるか?

では、ライフプランは立てているんでしょうか?

この調査結果では、定年前の50代後半では男女共に6割、定年後の60~79歳では7~8割が立てていると回答したようです。

ここからは、僕の想像なんですが、書いてみたいと思います。

50代後半の方で4割の方は、ライフプランを立てていません。

おそらく、何も気にしないまま、定年を迎えたんだと思います。

そこから、収入も無くなり、不安を感じはじめ、ライフプランを立て始めたんじゃないかと思うんです。

その結果、『あれ?結構、経済的に厳しくないか?』って感じたんじゃないでしょうかね。

なので、老後破産を一番心配している年代が、男性は60代前半、女性は50代後半といった結果になったんじゃないでしょうか?

ライフプランが無ければ心配しない

定年後の60~79歳でも、2~3割の方は、ライフプランを立てていません。

このように、ライフプランを立てなければ、心配にはなりません。

ライフプランを立てて初めて、『あれ?もしかしたら、お金足りないかも・・・』って、心配になるわけです。

『80歳まではお金があるけど、それ以上、長生きするとヤバいぞ』みたいになるわけです。

ところが、ライフプランを立てなければ、将来のことなど気にせず、そのままの生活を続けていくことでしょう。

そして、ある時、『あれれ、お金の減りが速いぞ!大丈夫か?』ってなるんじゃないですかね。

気がついた時には、手遅れかもしれませんが・・・

実は両親の話しです

僕の両親は、ライフプランなんか、立てていませんでした。

ですから、老後の事も考えず、無謀な時期に、家を建てたりするわけです。

両親は、80歳まで働けば、ローンは返せると思っていたようです。

そんなの、非現実的ですよね・・・

たまたま、僕が転勤して支払いが出来ましたが、もし、そうでなければ、売り払っていた事でしょう。

やはり、早めにライフプランを作っておくことは、大事ではないかと思っています。

老後破産ー長寿という悪夢ー(新潮文庫)【電子書籍】[ NHKスペシャル取材班 ]

価格:605円
(2019/11/9 16:09時点)

最後に

僕は、老後破産は心配していません。

僕の場合、70歳で生活資金が枯渇しますので、老後破産は心配ではなく、確実に起こるんです。

ですが、正確に言えば、破産はしていません。

借金はありませんしね。

ただ、生活するお金が、年金しかないだけです。

であれば、年金だけで、生活したらどうだろうか?

そう思っています。

なので、今のうちから、生活レベルを出来る限り下げるようにしています。

そして、自分でお金が稼げないか?

雇われだとクビにされますが、自営であれば、何歳まででも稼げますからね。

70歳まで、あと20年あります。

その間に、なんとか稼げるようになりたいものです。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。